スタッフの日常英会話

Oxymoron

2014年 07月 31日 スタッフの日常英会話

ここではワードワイズのスタッフが、日常の英会話の中で新たに学んだフレーズや単語を、みなさんと共有していきたいと思います!
こんな単語、フレーズ知っていましたか?知らなかった単語は、ぜひNew vocabularyとして覚えて下さいね!

【Oxymoron】

辞典によれば、 矛盾語法 《a wise fool,cruelly kind などのように、互いに矛盾した語を並べて特別の効果をねらう》 という意味なのですが・・・。

以前、ワードワイズの講師 エイドリアンと、リコリスというお菓子について雑談している時にこの英語を聞きました。
リコリスを一度食べたことのある方なら、なんとなくお分かりかと思いますが、日本人の私にとっては、それほど美味しくないこのお菓子。でもその美味しくなさが、またいい感じに美味しい!という、私の発言にエイドリアンが言ったのが「oxymoron」でした。

「まずくて美味しい」というような、真逆の言葉を並べる矛盾語法、という意味だそうです。勉強になりました!

To turn your nose up at something

2014年 06月 11日 スタッフの日常英会話

While this expression can be used to describe someone literally raising their nose, it is much more commonly used as an idiom. Basically, if someone turns their nose up at something, they reject it or look down on it because they don't think it is good enough for them.

Example:
i. My apartment isn’t so nice, but it was the only place I could find to live. I couldn’t turn my nose up at it.
ii. Jenny is so superficial. She turns her nose up at any guy who isn’t rich and handsome.

「鼻を上げる」と直訳することもできますが、慣用句として使われるのが一般的なこの表現。To turn your nose up at something とは、自分にとって十分ではないため、相手を拒否したり見下すという意味です。

例) 
①私のアパートはそれほど良くないが、そこしか住む場所は見つからなかった。拒んでいる場合ではなかった。
②ジェニーはとても軽薄だ。ハンサムでお金持ちじゃない人を見下すのだ。

Turn a blind eye

2014年 05月 14日 スタッフの日常英会話

The idiom to turn a blind eye means to choose to ignore something that you know is wrong. A person may turn a blind eye to something because they think taking action would require too much effort, or they may simply believe that the bad behavior is not such a serious offence.

For example:
i. How can we turn a blind eye to the millions of children in poverty?
ii. The usher turned a blind eye to the little boy who sneaked into the theater

“turn a blind eye” という表現は、間違っていると分かりながらもそのことを無視するという意味です。
行動を起こす程のことではない、もしくは単にその悪い行いはそれほどの危害を加えないと思うときに、知らないふりをして見過ごすということです。

・何百万人といる貧困に苦しむ子供達からどうして目を背けることができるのですか?
・係員は映画館にこっそり入りこんだ小さな男の子を、見て見ぬふりをした。

Tongue in cheek

2014年 04月 03日 スタッフの日常英会話

If you say something “tongue in cheek”, you are making a joke. You intend the listener to understand that your comment is a joke, although you might appear to be serious.

Example: “He said that he was fantastic dancer, although I suspect that was tongue in cheek.”

Similar to sarcasm, tongue in cheek comments may be difficult for language learners to catch immediately. You may check by asking, “Is that tongue in cheek?” or “Are you being sincere?”

Tongue in cheek という表現は、ジョークを言っているという意味で使われます。見た目は真面目に話しているようだけれど、相手に冗談を言っているという表現です。

  例)「彼は素晴らしいダンサーだって自分で言っていたよ。冗談で言っていたと思うのだけど。」 

皮肉とも似ているので、言語の学習者には難しく、ニュアンスがすぐには分からないかもしれません。 「それはふざけて(Tongue in cheek)言っているの?」、「本当に言っているの?」と聞いてみるといいですね。

White elephant

2014年 03月 12日 スタッフの日常英会話

This term is used to describe something that is big, has little use, and expensive to maintain. These things often seem great at first, but after a while they become annoying because they are too costly and of little use.

Example:
“Many people are worried that the new stadium being built for the Olympics will become a white elephant after the games are finished.”

この表現は、何か大きなもので、ほとんど使用しないもの、そして維持するのに高くつくものを表すのに使います。 これらのものは、最初はすごく良く思えますが、しばらくすると、あまり使わないのに高くつくことで腹立たしくなってきます。

例:
「多くの人は、オリンピックのために建設されている新しいスタジアムが、ゲームが終わったあと、やっかいになるのではないかと心配しています。」

To go with the flow

2014年 02月 12日 スタッフの日常英会話

When you do what other people are doing or agree with them because it is the easiest thing to do, you “go with the flow”.

A: “I was a bit tired, but everyone else wanted to go out. So, I just went with the flow. And, actually, I had a great time.”

In other words, a person who just goes with the flow, may be described as a relaxed and laid-back person who doesn’t try to have a big impact on the people or events around him.

Jane: “What are you doing this weekend?”
Brad: “No plans. I think I’ll just go with the flow and see what happens.”


最も簡単なことだから、他の人がしていることと同じことをしたり、それに賛同したりする時、“go with the flow” というフレーズを使います。

A: 「少し疲れていたけど、みんなが出かけたいと言うから流れに任せてそうしたんだ。そしたら、実際とても楽しかったよ。

他の意味では、リラックスしていてマイペースな、他の人や物事に大きな影響を与えない人のことを表します。

ジェーン: 「今週末は何をする予定?」
ブラッド: 「特にないよ。まあ、その時の流れに任せて決めるよ。」

To get the ball rolling

2014年 01月 15日 スタッフの日常英会話

This idiom simply means ‘to begin something’.
When you start a new project, the task in front of you can seem very big and difficult to achieve. However, once the first step has been taken, things often progress more smoothly.
Consider the case of a community group who are trying to have a playground built. One member may say to the others, “Okay. Let’s just get the ball rolling on this. I’ll call the local government and set up a meeting.”

この慣用句はシンプルに、「~を始める」という意味です。
何か新しいことを始める時は、目の前に困難が立ちはだかり、やり遂げるのが難しく思えます。ですが、一度足を踏み入れると意外とスムーズにできてしまうものです。
遊び場を建設しようとしている団体を思い浮かべてみてください。こういったように言えます。
「では、始めましょう。地元政府に電話で会議を設けるよう話すよ。」

Play with fire

2013年 12月 12日 スタッフの日常英会話

This short expression is used to express danger.
Literally, it means to use fire as a toy, which can, of course, be dangerous.
So, we may hear a worried mother say something such as, “Jack! Don’t play with fire!”

The expression can also be used figuratively to mean doing something dangerous or risky.
In this way, buying stocks in an unknown company is playing with fire.
Likewise, you would be playing with fire if you decided to eat 3-day-old fish!

この表現は、危険を表すことに用いられます。
文字通り、火で遊ぶということはもちろん、危険ということです。
なので、心配そうに母親が「ジャック!火遊びをしちゃだめよ!」と言っているのを聞こえることがあるかもしれません。

Speak of the Devil!

2013年 10月 09日 スタッフの日常英会話

This surprisingly common conversation expression is used when the person you are talking about suddenly appears, as in the following dialog:

Two friends are talking at a café.
Alan: I heard that Tony wasn’t very happy at work today.
Bill: Yeah. I’m not sure why?
(Tony comes into the café)
Alan: Ah, speak of the Devil. Here’s Tony now. Let’s ask him.

This idiom is the shortened form of the old proverb, “Speak of the devil, and he will appear.”
Direct translations, or sayings with very similar meanings, can be found in numerous languages around the world. In Japanese, people may say "うわさをすれば影” (uwasa o sureba kage), which translates to "Gossip (about someone) and (his) shadow (will appear).


誰かの事を話している時にその人が突然現れるといったことがありますよね。このとても良く使われる言い回しは、以下の会話のようなシチュエーションの時に使われます。

2人の友達がカフェで話している。
アラン:トニーは今日、仕事で元気なかったって聞いたよ。
ビル:そうなんだよね。なんでだろう?
(トニーがカフェに入ってくる)
アラン:噂をすればトニーだ!聞いてみよう。

この慣用句は、“Speak of the devil, and he will appear.” という古い諺を短くしたものです。
世界中の色んな言語でも、直訳やとても似ている意味での表現があります。日本では、「うわさをすれば影」(誰かの噂をするとその人の影が現れる。)という風に言いますよね。

On The Ball

2013年 09月 06日 スタッフの日常英会話

To be “on the ball” simply means to be alert so that you may react quickly.
This comment is used in all social situations now. However, it is likely that it originated from sporting grounds. A coach may yell to his players “Let’s be on the ball!” as a way to encourage them to be alert.
Naturally, a player who is standing on the balls of his or her feet can move more quickly to field or hit a ball. A similar expression is “ to be on your toes”.
「on the ball」というのは、単にすぐに動けるように注意するという意味を持ちます。
この表現は、どんな社交の場でも今は使われています。しかし、これは実はスポーツの場から始まった表現だそうです。
コーチは大声で、選手たちに “Let’s be on the ball!”と声をかけます。注意してチャンスを逃さないように声がけるためです。
自然と、ボールを持っている選手はすぐボールをけることができます。これに似た表現は、“to be on your toes” と言います。