Speak of the Devil!

This surprisingly common conversation expression is used when the person you are talking about suddenly appears, as in the following dialog:

Two friends are talking at a café.
Alan: I heard that Tony wasn’t very happy at work today.
Bill: Yeah. I’m not sure why?
(Tony comes into the café)
Alan: Ah, speak of the Devil. Here’s Tony now. Let’s ask him.

This idiom is the shortened form of the old proverb, “Speak of the devil, and he will appear.”
Direct translations, or sayings with very similar meanings, can be found in numerous languages around the world. In Japanese, people may say "うわさをすれば影” (uwasa o sureba kage), which translates to "Gossip (about someone) and (his) shadow (will appear).


誰かの事を話している時にその人が突然現れるといったことがありますよね。このとても良く使われる言い回しは、以下の会話のようなシチュエーションの時に使われます。

2人の友達がカフェで話している。
アラン:トニーは今日、仕事で元気なかったって聞いたよ。
ビル:そうなんだよね。なんでだろう?
(トニーがカフェに入ってくる)
アラン:噂をすればトニーだ!聞いてみよう。

この慣用句は、“Speak of the devil, and he will appear.” という古い諺を短くしたものです。
世界中の色んな言語でも、直訳やとても似ている意味での表現があります。日本では、「うわさをすれば影」(誰かの噂をするとその人の影が現れる。)という風に言いますよね。