スタッフの日常英会話

To know the ropes

2013年 05月 08日 スタッフの日常英会話

To know the ropes expresses the idea that you completely understand the responsibilities and tasks of a position. It emphasizes the fact that you have a lot of experience with a particular job or activity and can do it very well. 

He’ll be able to do his job very well once he knows the ropes. (~once he learns what to do.)
John is having a difficult time at work because he still hasn’t learned the ropes. (~doesn’t what to do.)

“To know the ropes”という表現は、あなたが完全に仕事の責任や立場を理解するという考えを表します。そしてそれは、あなたがある特定の仕事や活動の経験が豊富であり、うまくできるこという事実を強調します。

一旦仕事のコツをつかめば、彼は上手くできるでしょう。(~一旦何をするかを学べば)
ジョンはまだ仕事のコツをつかめていないので大変な時期を過ごしています。(何をすべきか学べていないから)

A “catch-22”

2013年 04月 02日 スタッフの日常英会話


A catch-22 is a situation in which you can’t achieve a satisfactory result because each alternative action has negative consequences. Basically, there is no clear way out of the difficult situation. It’s a ‘lose-lose’ situation.

Look at the following examples:

1. I need to buy a new car so that I can get a job.
I need money to buy a car.
To get money I need a job. However, I can’t get a job because I don’t have a car.
It’s a catch 22.

2. A man eats too much because he is depressed.
He is depressed because he is overweight.
He is overweight because he eats too much; however, he can’t stop eating because he’s depressed.
It’s a catch 22.

A catch-22とは、どちらの選択にも否定的な結果があるために、満足な結果を成し遂げることができない状況を言います。基本的に、難しい状況ではっきりとした出口がなく、「不利」な状況を言います。

次の例をみてみましょう。
仕事を得るえるためにも、新しい車を買う必要があります。
車を買うためにお金が必要です。
お金を得るために仕事が必要です。しかし、車がないので仕事がきまりません。
まさにジレンマ状態です。

落ち込んでいるためにその男は食べ過ぎる。
彼は太り過ぎで落ち込んでいます。
彼は食べ過ぎのため太り過ぎです。;しかし落ち込んでいるため食べるのをやめることができません。
板挟みの状態です。

Have the best of both worlds

2013年 03月 05日 スタッフの日常英会話


This expression describes a situation in which a person can enjoy the positive aspects of two different opportunities – without missing out on either.

For example, “The mother enjoyed working part-time because she could spend time with her children after they finished school and enjoy working and meeting other adults. She had the best of both worlds.”

In this situation, the mother has the positive aspects of:
1) Being a stay-at-home mother - i.e. spending time with her children, and
2) Being a working mother - i.e. working and meeting other adults.

この表現は、人が2つの異なる機会のポジティブな面を楽しんでいる状況を表します。-どちらにでも失敗することなく。
例えば、「母はパートの仕事楽しんでいました。なぜなら、彼女は子供たちが学校から帰ってきた後に一緒に時間を過ごし、職場では大人の人たちと会うことができるからです。彼女は両方の世界を楽しんでいました。」

この状況では、母の持つポジティブな面:
1) 主婦でいること- 子供たちと時間を過ごす
2) 働く母でいる- 仕事をしてほかの大人と出会うこと

To hit home

2013年 02月 06日 スタッフの日常英会話

To hit home is an idiom used to express how poignant something is. In other words, the event, comment or image has a strong effect on you because it forces you to understand something unpleasant.
For example, “I knew from TV shows and stories friends had told me that the standard of living in the country was low. However, it wasn’t until I went there and saw it with my own eyes that the level of poverty really hit home.”
In the above example, the person’s thoughts have been matched by a heartfelt appreciation of the true nature of things.

To hit homeとは、胸をぐさりとつく何かを表現するのに使われるイディオムです。言い換えると、不快なコメントやイメージがあなたに強い影響を与えるということです。
たとえば、「国の生活水準が低いということは、テレビ番組や友人からの話しで知っていましたが、実際にそこに行って、自分の目で見てみると、本当の貧困レベルに私は胸が痛くなりました。」
上記の例において、人の考えとは、物の性質の心からの認識によって、釣り合います。

Pass the buck

2013年 01月 19日 スタッフの日常英会話

“Buck” is a slang term for a dollar. For example, “Can I borrow 10 bucks?”
So, you may think that the phrase to pass the buck has a positive meaning similar to “giving someone money.” However, it is actually a negative expression that means “to shift the blame for a mistake onto someone else.”
For example,
A: “I didn’t break your suitcase. The airport baggage attendants are really careless.”
B: “Stop trying to pass the buck!”

In a similar manner, the phrase “the buck stops here” means the “responsibility for an action cannot be passed to another person.” Or in other words, “It’s your responsibility!”
Former U.S. President, Harry S. Truman, used to keep a sign on his desk that read, “The buck stops here!” It reminded him that he had to make all the big decisions and take responsibility for the consequences

責任転嫁

「Buck」とは、ドルのスラングの言い回しです。例えば、「10バックス貸してくれる?」
なので、このフレーズPass the buckは、「誰かにお金をあげる」と似たようなポジティブな意味を持っていると考えるかもしれません。しかし、実はこれは否定的な表現で、「誰かに責任を押し付ける」という意味があるのです。

A:「あなたのスーツケースを壊したのは私じゃないです。空港の荷物係員が不注意だったのです。」
B:「責任転嫁しようとするのはやめなさい。」

これと似た方法で、「the buck stops here」というフレーズがあります。「責任は他の誰かにいってはならない。」または別の言葉で、「それはあなたの責任です。」
アメリカの元大統領Harry S.Trumanは「The buck stops here! =責任の転嫁はしない 」と書いてあるサインを机に置いていました。これは、彼が全ての大きな決断をしなければならず、その結果においても責任をとらなければならないということを彼自身に思い出させていました。

Inside out, back to front

2012年 06月 05日 スタッフの日常英会話

Have you ever put a t-shirt or sweater on incorrectly? Yes, it’s embarrassing when this happens, and you probably appreciate someone discretely telling you. In English we use a pair of opposite words to describe this situation.

For example: Um, I think your shirt is inside out. The tag at the back is showing.
No wonder I wasn’t comfortable. My sweater was on back to front.

A similar pair is “upside down”. Obviously this is not going to be used to talk about clothing but will come in handy in many other situations.

裏表、後ろ前

これまでTシャツやセーターを間違えて着てしまったことはありますか?そうですよね、間違えてしまった時、恥ずかしいですよね。
それに直接誰かが教えてくれたら感謝しますよね。英語では、ペアになった反対語をこのような状況で使います。

例: あの、あなたのTシャツ裏表じゃないですか?後ろからタグが見えていますよ。
どうりで着心地が悪いと思った。私のセーター後ろ前でした。

似たようなペアで、「さかさま」があります。これは明らかに服について話すときには使われませんが、色々な場面で便利です。