スタッフの日常英会話

Distort

2015年 02月 27日 スタッフの日常英会話

ワードワイズのラウンジで、ビル内に流れている少し音の割れかかった曲を耳にしたギャリーがこう言いました。
“The music is getting distorted.” 「音質がだんだん歪んできたね。」
Distortには、「音や映像がひずむ」という意味があります。辞書によれば、音だけではなく、「事実を曲げる」という意味で、”distort the fact” や、“distort the truth”ともいえるようです。音楽も事実もゆがませてしまうなんて、すごい単語ですね!

A penny saved is a penny earned.

2015年 02月 20日 スタッフの日常英会話

Every culture has a collection of wise sayings that offer advice about how to live your life.

"A penny saved is a penny earned."

This proverb advises you to save your money. Saving money is just like making money.

どの国にも、人生のためのアドバイスをくれる賢明な格言があります。
「1 ペニーの節約は 1 ペニーのもうけ」
このことわざは、お金は貯めたるべきという意味です。お金を貯めることは、お金を稼ぐということなのです。

Acupuncture

2015年 02月 13日 スタッフの日常英会話

肩こりが酷く、頭痛や吐き気を感じていた日がありました。そんな私にギャリーが一言。
“Why don’t you try acupuncture?” 「鍼をやってみたら?」
Acupunctureという単語を聞いたのは初めてでした。
鍼治療って、本当に効くのでしょうか…?Have you ever tried acupuncture? みなさんは鍼治療、うけたことありますか?

Are you past it?

2015年 01月 23日 スタッフの日常英会話

This casual phrase is a humorous way of saying someone is too old to do a particular activity.
For example: He was a great footballer in his day, but he's past it now.

Age is quite a common discussion topic, so there are a few expressions in English that have a similar meaning:
For example: You're only fifty! You're not over the hill yet.
You still have a Playstation One? Isn’t that a bit long in the tooth?

このカジュアルな表現は、年をとり特定のことができないという意味があり、ユーモアのある言い方です。例)昔、彼はすごいサッカー選手だったが、今はもう引退している。

年齢はよく話題になるので、英語には他にも似た表現がいくつかあります。
例)まだ50歳ですよ!まだまだこれからです。
まだプレイステーション1持ってるの?ちょっと古すぎない?

Have a ball

2015年 01月 16日 スタッフの日常英会話

ワードワイズのライブラリーにある English journal の2月号をぱらぱらめくっていると、私の知っている表現に目が留まりました。”Have a ball” 「とても楽しむ」と言う意味です。
これは学生の頃によく聞いていたQueen の "Don’t stop me now" の歌詞の一節にある表現でした。「ボールを持つ=楽しむ」 きっと昔の人はボール遊びが好きだったに違いない!と、当時いろいろな妄想をしていた学生時代を思い出しました。
皆さん、ワードワイズのライブラリー本、活用していますか?
私は読書が本当に苦手で、英語ばかりだと根気が要り、すぐに眠くなってしまいがちなのですが、雑誌なら案外さくさく読めておすすめですよ!

Win a Lottery

2014年 12月 30日 スタッフの日常英会話

先日ショッピングモールで洋服のお買い物をして抽選券を一枚もらいました。なんとその一枚で、道内旅行ペアチケットが当たったのです!!早速ギャリーにも自慢しようと思いましたが、宝くじは ”Lottery” と言うけれど、買い物の抽選は何と言うんだろう?と気になり質問してみました。やはり、これも ”Lottery” と言うようです。
くじに「当たる」って、どんな動詞?と思いますが、”Win” 「くじに勝つ」でいいんですね!”I won a lottery!” 動詞もセットで覚えたいものです。

Par for the course

2014年 12月 27日 スタッフの日常英会話


A behavior that is not good, but is usual or typical, is said to be “par for the course”. This idiom is related to the sport of golf. A player who shots par goes around the course in the usual or expected number of strokes.

For example:
It seems the price of gasoline will go up again, but that’s par for the course these days.

「Par for the course」は、特別良いわけではなく、普通でありきたりな行いのことを言います。この慣用句はゴルフから来ています。コースでパーを打つのは、ある程度のストローク数が既に予想されている、ということからこの表現は由来しています。

例)ガソリンがまた値上げしているようだが、ここ最近では珍しくないことだ。

Damp とDump

2014年 12月 12日 スタッフの日常英会話

ここではワードワイズのスタッフが、日常の英会話の中で新たに学んだフレーズや単語を、みなさんと共有していきたいと思います!
こんな単語、フレーズ知っていましたか?知らなかった単語は、ぜひNew vocabularyとして覚えて下さいね!

【DampとDump】

この2つのとても似ている単語の意味、皆さんはご存じですか?
前に、ギャリーと観葉植物の話をしていた時です。土が湿っていると私は言いたかったのですが、”The soil is dumped.”と言ってしまいました…。湿っているは「Damped」、「Dumped」は捨てるという意味です。発音も似ているので、とても紛らわしいですよね!

あと、ちなみに私は「Crash」と「Crush」も、未だによく使い分けが分かっていません…。

皆さんも、良く間違ってしまう似かよった単語、ありますか?

Go down the wrong tube

2014年 12月 05日 スタッフの日常英会話

ここではワードワイズのスタッフが、日常の英会話の中で新たに学んだフレーズや単語を、みなさんと共有していきたいと思います!
こんな単語、フレーズ知っていましたか?知らなかった単語は、ぜひNew vocabularyとして覚えて下さいね!

【Go down the wrong tube】

食事の時や、お水を飲んでいる時にいきなり気管に入ってむせることってありますよね?
この間セバがそれでむせているところを目撃しました!
“Went down the wrong way…” と一人つぶやいていました…。

昔カナダ人の友達に、「気管に入る」は英語ではどういうの?と質問したことがあります。その時教わった言い方は、”Go down the wrong tube/pipe” と教えてくれました。
気管に食べ物が入ってしまったら、英語で言ってみましょう!

Over the moon

2014年 11月 28日 スタッフの日常英会話

This idiom simply means that you feel extremely pleased or happy. Your spirits are so high that you consider them to “over the moon.”

For example:
When I achieved a TOEIC score of 900, I was over the moon.
I am over the moon about my new car.

このイディオムは単純に、とっても嬉しい、幸せだという感情を意味します。まるで、嬉しすぎてあなたの心が月を超えてしまうような気持ちであるという表現です。

例:
TOEICのスコアが900に達した時、とっても嬉しかった。
新しい車が嬉しくてたまらない。