Take it easy

留学時、“無理しないでね!”や“あせらなくていいよ!”等の意味で、「Take it easy~♪」とよくホストマザーが優しく声をかけてくれました^^

その為、この「Take it easy.」が他の意味もある事は知らずにいましたが、WORDWISEで働くようになり、先生達が帰り際に「Take it easy!」と言っていて、これは「さようなら!」や「じゃあね!」という意味でも使えるのか!と知りました。

このイディオムひとつで、2つの表現を身に付ける事が出来るなんて、一石二鳥ですね☆
“See you!”や“Bye!”だけでなく、”Take it easy!”にも是非挑戦してみてください^^

It became known as

2016.11.18 English Tips

This phrase is used to describe an important event, an art or political movement, or unique style that did not have a name until many years later. History is full of countless examples. Here are a few:

-In 1967, thousands of young people gathered in San Francisco to promote peace and love in what became known as the “Summer of Love.”

-Andy Warhol’s unique simple style later became known as ‘pop art’.

このフレーズは重要な出来事、芸術や政治の動き、また数年後に初めて名前の付いた特殊なスタイルや形式を表す時に使われます。歴史には数えきれないほどの例があります。これらはそのうちの二つです。

-1967年、大勢の若者が平和と愛を推進するためサンフランシスコに集まったことは“Summer of Love”として知られるようになった

-アンディ ウォーホルの独特でシンプルなスタイルは後に ’ポップ アート’ として知られるようになった

a different kettle of fish

これは、先日、Garryが使っていたイディオムです。
辞書で引くと“別問題”と出てきますが、“全く違う”や“正反対の人や事柄”として使えます!

「Japanese and English are a different kettle of fish.」
日本語と英語は全く違う。

「She wasn’t good at snowboarding but now she is a different kettle of fish.」
彼女はスノーボードが上手くなかったが、今は別人のようだ。

ちなみに、“another kettle of fish”でも同じ意味で使えるそうですよ!

used to /get used to /be used to

皆さんは、これらのフレーズで、迷った事はありませんか?

①「used to」=“以前~していた”
②「get used to」=“~に慣れる”
③「be used to」=“~に慣れている”

という意味です。なんだか、ややこしいですよね。

①She used to work at Wordwise. 「彼女は以前ワードワイズで働いていました。」
②She got used to working at Wordwise. 「彼女はワードワイズで働く事に慣れました。」
③She is used to working at Wordwise. 「彼女はワードワイズで働き慣れています。」

ご覧の通り、①はused toの後ろが動詞の原形です。一方、②&③は、動詞+~ingです。

いかがでしょうか?少しはクリアになりましたか?^^

Let’s get used to using those phrases! 「これらのフレーズに慣れましょう!」

my treat

ハロウィーンも終わり、“Trick or treat!(お菓子くれないといたずらしちゃうぞ!)”を聞くこともあと1年後になりますが、ここで使われているtreatはたくさんの意味を持っていることをご存知ですか?「ごちそう」や「特別な楽しみ」など名詞で使ったり、「治療する」「扱う」「おごる」など動詞で使うこともできます。 名詞で「おごり」という意味にも使えるので、今度お友達とお出かけの際、“It’s my treat!”「今回は僕の(私の)おごり!」または“Your treat?”「おごってもらっていいの?」と使ってみてくださいね!

IELTS勉強法:リスニングの秘訣#5: “リスニングセクションの攻略”

2016.11.01 IELTS Tips

IELTSで高スコアを取るための勉強のコツ~

このコーナーでは、IELTSの勉強法がわからないと感じている方に、お勧めの勉強法をご紹介します!
今回はリスニングセクションに向けての準備についてご紹介します!

話される英語を理解することは時に難しいものですが、ストレスが多いテストのときには尚更です。IELTSのテストでは1人の話者、また2人の話者の会話の中にでてくる一般英語と学問英語の両方を理解することが求められます。それがリスニングセクションを大きなチャレンジとする理由です。ではどうやって効果的に勉強したらよいのでしょうか?

Preparing for the Listening Section

Understanding spoken English can be difficult at times, particularly when you are in a stressful exam. The IELTS test requires you to understand both general and academic English when spoken by one person and in two-person conversations. This make the Listening section a massive challenge! So, how can you prepare effectively?

First, and most importantly, you should listen to English regularly – everyday if possible! It is a great idea to approach your listening practice in two ways.

First, do some casual listening every day. Try to find something you enjoy listening to for at least 10-15 minutes a day. For example, phone applications allow you to listen to radio stations from all over the world. Listening to an English or Australian radio show can be very entertaining, and it will help you become familiar with these accents. There is such a wide variety of podcasts and websites, such as Youtube, you can enjoy.

Second, you will need to do some focused listening practice a few times every week. Each practice session should be around an hour. During these sessions, you should occasionally practice doing previous IELTS listening tests. This will help you get accustomed to the types of questions you need to answer when you take the test. However, don’t just focus on these tests! You need to practice listening to a variety of authentic material.

Most importantly, you need to practice the skills necessary to become a great listener: predicting, summarizing, note-taking, identify general ideas & specific details, and recognizing “signpost” expressions.

The next IELTS tip will explain these skills in more detail and give you advice on how to improve each one.

いかがでしたか?次回のIELTS勉強法では上記の予測、要約、メモ取り、概要・詳細の見極め、“手掛かり”となる表現の認識についての詳しい説明、そして、それぞれの上達法についてアドバイスをご紹介します!

slow down

よくトラックの後ろにはってあるSafety driver。オーストラリア人の友人に言われるまで疑問を持ったことがなかった私ですが、safetyもdriverもそういえば名詞ですよね!あえて作るとしたらsafe driverになるのでしょうね。そしてspeed downは“speed自体が速度を上げることだからslow downだよ”と言われた時まで、本当に気が付いていませんでした。聞き慣れすぎていて正しい英語だと思っている日本語英語はもっとたくさんあるかもしれませんね!

日曜日の営業時間変更のお知らせ

2016.10.27 ニュース

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

このたび、当校の日曜日の営業時間が下記のように変更いたしましたのでお知らせいたします。

【変更前】10:00~20:00
      ↓
【変更後】10:00~19:00
※祝日は18:00~18:40がラストレッスンとなります。

引き続き、何卒よろしくお願いいたします。