northern lights

皆さんご存じの“オーロラ”。私も一度は見に行ってみたいです!さて、ずっとオーロラは英語だと勘違いしておりましたが、実はイタリア語でした。英語ではnorthern lightsと呼ばれているそうです。 英語だと思っていたけど、本当は違う国の言葉だった!なんて時ありますよね。そんな時は、二つの国の言葉を覚える事が出来て、一石二鳥に感じます^^

There’s no such thing as…

「…なんて(もの存在し)ないよ!」という場面で良く使います。

「There’s no such thing as a ghost!」「おばけなんていないよ!」というように使い、

「There’s no such thing as a free lunch.」「無料の昼食なんてものはないよ。(タダより高いものはない)」ということわざもあります!

coriander

先日、先生達とタイ料理を食べにいった際、パクチーの呼び方の話になり、しらべてみたところ、

Coriander:英語
Phakchi:タイ語
Ciantro:スペイン語
香菜(シャンツァイ):中国語

国によって呼び名は違いますが、どこかのメニューで見た事のあるような名前がたくさんでてきました!知った気でいた事を改めて調べてみると、新たな発見もあり、面白いなと感じました^^

pie chart

教科書などによく登場する“円グラフ”。丸いグラフなのでcircle~? round~かな?と思いがちですが、pie chartと呼ぶそうです。おいしそうですよね!丸いパイを想像して、勉強するともっと楽しめる気がします^^

White Day

Being a foreigner in Japan gives me an alternative view on things that are “normal” in Japan. White Day is something that was new and unusual to me when I first came to Japan. In the U.K., we celebrate Valentine’s Day by giving our partners, or a person we fancy, a gift. This is done by everyone, both men and women. However, in Japan, gift giving is separated: on Valentine’s Day women give gifts to men, and on White Day men give gifts to women.

I was curious about this, so I looked into the history of White Day. By all accounts, it was started at the end of the ‘70s by a Fukuoka-based company called Ishimuramanseido, and was originally called Marshmallow Day. I guess, Marshmallows rather than chocolates were given as gifts. This did not take off, but was adapted in following years into what we now know as White Day. Though a little unusual to me, the idea of separate days is easy enough to understand. However, the thing that still puzzles me is the idea of sanbai gaeshi. This term means that men are expected to buy gifts for their partners which are three times the value of the one received on Valentine’s Day. White day is celebrated mainly in Japan, Korea, Vietnam and China.

Europeans too have unique holidays. One of these is called Shrove Tuesday (or Pancake Day). It takes place every year at the end of February or the start of March. This is a festival that marks the beginning of Lent, a time when people are supposed to give up rich foods for 40 days. So on Shrove Tuesday, people use up all the rich foods in the house, such as eggs, milk and butter to make pancakes. In the UK we have pancake races where people run down the street with a frying pan flipping a pancake! Personally, I prefer to eat them with lemon and sugar.

Anyway, I have to make sure I get my wife something for White Day or I will be in the doghouse. If you are ever in the UK around the end of February, make sure that you indulge in some lovely, rich pancakes.

~~~これ知ってた?~~~

★fancy: 名詞では「空想」や「思いつき」「好み」などの意味を持つこのfancy。この語をイギリス英語でこのように動詞で使うと、「~が好き、好む、愛する」などの意味になります。イギリスではバレンタインにパートナーや好きな人に贈り物をするのですね!日本ではよく、かわいいものをいっぱいおいている雑貨屋さんをファンシーショップと呼んだりしますよね!これも日本語英語に惑わされないように覚えたい語ですね!

★take off: 良く知られている「脱ぐ、離陸する」などを含め、たくさんの意味を持つこのtake offですが、このように「〈商品が〉急に売れだす;〈景気が〉上昇し始める;〈事・計画などが〉うまくいき始める」という意味でも用いられます。このマシュマロデーはあまりうまくいかなかったようですが、現在のホワイトデーの形となってからは彼の言う3倍返しも含め、ポピュラーになりましたよね!

★rich foods: 日本語でも時々「リッチでクリーミーな味!」などの宣伝文句で聞くことがありますが、このrich foods とは こってりした食べ物、また、栄養に富んだ食べ物のことです。このrich foodsを40日間食べないようにするため、家にある卵や牛乳、バターを消費するためにパンケーキを作るのですね!

★in the doghouse: 「(~の)機嫌を損ねて,(~を)怒らせて,(~との)関係がまずいことになって」という意味を持ちます。彼がホワイトデーに奥さんに何かあげないとまずいことになってしまうのですね!男性が奥さんや恋人の機嫌を損ねて家から追い出されて犬小屋に入っている...というかんじでしょうか。

★indulge:「(快楽・飲食物・趣味など)にふける,身をゆだねる,~を楽しむ」という意味を持つこのindulge。2月下旬にイギリスにいることがあれば、濃厚でリッチなパンケーキに酔いしれてはどうでしょうか?

ホワイトデー

ご存じかとは思いますが、ホワイトデーは日本で生まれたものです。以前、カナダ人の友人とバレンタインデーについて話している時にホワイトデーと言ったら、「何の日?」と聞かれ、びっくりしたのを覚えています。バレンタインデー自体も日本は英語圏とは少し違います。

英語圏では、バレンタインデーは本来、自分が好意を持っている人に、匿名でカードや花を送ったりすることが始まりだったそうです。それが今ではカップルや夫婦が、特別な日として食事に行ったり、花束やカードを渡したり、子供同士であれば、カードを書いて男女お互いに渡し合ったり、チョコレートを渡したり、という日になりました。日本では今でこそ友チョコが定着しましたが、女性から男性にチョコレートを渡すという習慣がありますよね!

バレンタインデーのお返しとなるホワイトデー、あなたは彼女や奥さん、お友達に何か贈る予定ですか?

春のキャンペーン

2017.03.10 ニュース

この春から英会話を始めようとお考えの方へ、お得なキャンペーンをご用意いたしました。

是非この機会をご利用ください!

【期間】 3月15日~4月30日

【新規のお客様】
特典1: facebook「いいね!」で入学金(税込16,200円)全額OFF!
特典2: 最大8レッスン(最大43,200円分)無料プレゼント!

【ご更新の生徒様】
特典 : 最大8レッスン(最大43,200円分)無料プレゼント!

ご入学・ご継続をご検討の方は、是非この機会をご利用ください!

詳しくはスタッフまでお尋ねください。

2016-spring-campaign.jpg

7周年記念キャンペーン

2017.03.10 ニュース

ワードワイズ外国語教室は、おかげさまで7周年を迎えることができました!!

これを記念に、3月15日~4月15日までの間、お得なキャンペーンをご用意いたしました!

ご入学をご検討の方は、是非この機会をご利用ください!

【新規のお客様】
6 レッスン = 16,200円(税込)
Facebook「いいね!」で入学金全額OFF!
※テキスト代が別途かかります。

詳しくはスタッフまでお尋ねください。

皆様のご支援にスタッフ一同、厚く感謝しております!
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

2017 7Th Annniversary Campaign 1

first come first served

先日息子の習い事の申し込みが朝10時からのメール送信で「先着順」となっていました。それを説明しようとした際に「...あれ?何て言うんだろう...」と疑問になりましたが、状況を説明すると、「It’s on a first-come-first-served basis.」と教えてもらいました。そしてさらに先着順でも、時間が重なるとそれは「a lottery」(抽選)になるようでしたが、後日、受講可能の連絡が来ました!

Swiss/Thai

英語学習をする際、世界の国々や人々を英語で覚えることは通らなければならない課題の一つです。その時に、日本語が混乱させることが多々あります。例えばスイス。英語では国名をSwitzerlandといい、スイス人がSwissです。タイもThailandが国名で、Thaiはタイ人を指すのです!かといって規則性があるわけでもなく、Japan/Japanese、China/Chinese、 Taiwan/Taiwanese のように「~ese」になるものもあれば、The United States of America/American、Puerto Rico/Puerto Rican、Korea/Koreanなど「~an」になるものもあります。大変な量ですが、「おもしろ~い!」と楽しみながら覚えましょう!