bamboozle

昨年息子がもらったクリスマスプレゼントの絵本の一冊に「BAMBOOZLED」という本がありました。見たことも聞いたこともない語でしたし、絵本の中は壁の絵から出てきている人がテーブルの飲み物を飲んでいたり、ドアの後ろに大きなキリンがいたり、テーブルを支えているものがスケボーだったりと不思議な絵でいっぱいだったので、作者が作った語なのかと思ってしまいました。調べてみると「言葉巧みにだます、目的の達成の為わざと善意を装って本当の動機を隠す」とありました!

類義語には

confuse, trick, dupe, bewilder, puzzle, baffle, dumbfoundなどがあり、

She bamboozled him into believing her story.
「 彼女は彼をだまして彼女の言うこと信じ込ませた。」

のように「bamboozle 人into ~」の形で、「だまして 人に~させる。」という表現にもなるそうです!

fire hydrant

先日息子が大きな消防車を見つけ、「Mommy! Fire truck!」と教えてくれました。そちらの方を見てみると、スコップを持った大勢の消防士さん達が完全防備で、雪に埋もれてしまった消火栓の周りを雪かきするために作業をされていました。「What are they doing?」と聞かれた時、「They are shoveling snow for…」で止まってしまいました...。消火栓(fire hydrant)が出てこず...そのあと、消火栓に加え、消火器(fire extinguisher)も確認。札幌は近頃shoveling snowの毎日ですね...。

IELTS勉強法:リスニングの秘訣#6: “予測”

2017.01.31 IELTS Tips

IELTSで高スコアを取るための勉強のコツ~

このコーナーでは、IELTSの勉強法がわからないと感じている方に、お勧めの勉強法をご紹介します!
今回はリスニングセクションに向けての準備~予測~についてご紹介します!

前回のIELTSリスニングのコツでは、とても重要な一般的なアドバイスの他、毎日のカジュアルなリスニングと週に何回か集中してリスニングの練習をすることの両方をお勧めしました。この集中して行うリスニングをする際には、高得点を獲得する為に高いリスニング力を持つ人が使う 特殊なスキルを上達させることに焦点を当てるとよいでしょう。そのもっとも重要なスキルは、予測、要約、メモ取り、概要・詳細の見極め、“手掛かり”となる表現の認識です。

Listening Skills : Predicting

The previous IELTS Listening tip gave you some very important general advice and recommended doing both casual listening everyday and focused listening practice several times a week. In your focused listening sessions, you should focus on improving the specific skills strong listeners use to achieve high scores. The most important of these are predicting, summarizing, note-taking, identify general ideas & specific details, and recognizing “signpost” expressions.

This tip looks at the first of these skills, predicting.

The Listening section has one very helpful feature - you always have time to read the questions before the recording starts. This is usually around 30 seconds.

Good listeners use this time to analyse the questions, begin thinking about the topic of the conversation or speech and predicting possible answers. This type of prediction helps you determine the type of information you’ll need to listen for in the recording.

For example, if the question is a gap fill exercise, you should predict which type of information you will need. In other words, does the blank space require a number, a person’s name, a place, a date or time, or another word?

Very good test-takers also start to think of similar words to those on the test paper. Remember that understanding paraphrases is a key factor in succeeding on the IELTS!

There is a lot of practice material online. Below are a few links to get you started:
http://www.ieltsbuddy.com/pre-listening-activities.html
http://www.examenglish.com/IELTS/IELTS_listening_part1.htm
https://www.ieltsessentials.com/global/prepare/freepracticetests/listeningpracticetests

いかがでしたか?リスニングセクションで高得点をとる為に重要なスキルのうち、今回は予測についてご紹介しました。次回リスニングを練習する際に是非ご参考にして下さい!

showroom

先日ワードワイズの向かい側にマンションのモデルルームができました。その設営準備が始まる際、その説明をしようと、「It’s going to be a model room.」と言ったところ、「A showroom?」と言われました。調べてみるとmodel roomは和製英語でした!英語だと思っている和製英語はここにもありました!

IV

先日息子が急性胃腸炎で3日間点滴を受けてきました。先生たちに説明する際「急性胃腸炎acute gastroenteritis」「点滴intravenous drip,IV」「白血球white blood corpuscle」など普段使うことがない語ばかりだったので調べながら会話をしましたが、この先、海外滞在中に子供が病気になった時や自分に何かあった時のために覚えておいた方がいいなと感じました。

以前友人に「I had a flu last week.」と言われ、ポカンとしていると、「Influenza.」ともう一度言ってくれました。日本語ではインフルエンザをインフルなどと短くした形を聞いたことがありましたが、「英語ではfluだけなんだ!おもしろい!」と思ったことを思い出しました。

New staff at Wordwise

A Pic Fpr Tomokos Blog

Hello! My name is Tomoko, and I am a new staff member at Wordwise.

Born in a small town in Tokachi and raised in Sapporo, I am a third-generation “Hokkaido-ite”. Since graduating from college, I have worked in the communication field in various industries; managing technical translation projects, creating bilingual advertisements, and localizing websites for non-Japanese clients in and out of Japan and so on. Whatever the client's product or service is, my job was to get the client's message across to the end users or consumers. Here at Wordwise, I will work for all the students and clients to help meet your language needs.

When I am not at the office, I am usually thinking about creating various sorts of things. From making soap or hand cream using vegetable oil to baking crusty French bread, I love making things and sharing my creations with family and friends. Recently, I have been making soup every day and I bring it to work in a thermos food jar. Let me know if you’ve got a good soup recipe.

I look forward to meeting you all!

Tomoko

~~~これ知ってた?~~~

★industries : 「産業」や「工業」などを意味し、music industry「音楽業界」などのように「~業界」と使うこともあります。これまでにいろいろな業界で翻訳のキャリアを積んできたのですね!

★crusty:「皮の部分が硬くて厚い」意味を持つこの単語をfrench breadにつけると、外がパリパリでしっかりしたおいしそうなフランスパンが思い浮かびます!パンやスープ、いろいろなものを作ることが好きなのですね!食べてみたい!

vandalize

先週、息子と子供向けの動画を見ていた時のことです。車が擬人化されていて窓のところにかわいらしい目がついているパトカーと消防車のアニメーションで、話される会話は子供向けなので簡単な理解しやすいものでしたが、その会話の中で、

“The park has been vandalized! Let’s go check it out!”
(公園がいたずらされた!行ってみよう!)

というものがあり、考えてみると、子供向けでも、英語学習者にとってはちょっと高度な文法と語彙だなと思いました。でもこのようにして英語圏の子供たちは難しい言葉やその使い方を身につけているのだと改めて思いました!

animal + “ish” or “y”

sheep (ひつじ):sheepish "気の弱い・おどおどした"
tiger (とら):tigerish "どう猛な・残忍な"
slug (なめくじ):sluggish "動きののろい"

fish (さかな):fishy "怪しい・うさんくさい"
fox (きつね):foxy "ずる賢い・こうかつな"

前回の“ish”を動物の名前につけた場合、単なる「~っぽい」だけでなく、意味のある形容詞にもなります!
“y”をつける動物名も一緒に参考にしてみてください^^

ish

selfish(自分勝手) foolish(バカっぽい) childish(子供っぽい) はご存知の方も多いのではないかと思います!

色:bluish   “青っぽい”
時間:nine-ish “9時頃”
方向:right-ish “右ぎみ/右より”

日本語でいうところの、「~ぽい」「~的な」「~ぎみ」ですね^^

run out of~

オーストラリアにいた頃、ホテルで働いていた韓国人のシェアメイトが話していた事を思い出しました!

彼女は、“仕事中に「We are running out of the toilet paper.」と言われたけど、最初全然わからなくってゲストが言葉を間違えているのかと思ったよ!トイレットペーパーがもうないって言っていたんだよね!”と嬉しそうに話していました。

私自身もわからない言葉を辞書で調べるのではなく、状況から理解し学んだ時、何か見た事のない宝物を見つけた時のように、ものすごく嬉しい気持ちになったのを覚えています。

きっと子供が言語を学ぶ時の感情も、こういうワクワク感に溢れているから吸収が早いのかなぁ~なんて感じる出来事でした!