English Tips

Just

2011年 05月 04日 English Tips

You can use “ just ” to make what you say stronger.                            The movie was just great!
You can use “ just ” to make what you say softer.                        I guess I was just unlucky.

Remember to change your intonation to show the appropriate meaning.

“ just ” は、表現を強調したい時に使うことができます。              「その映画は、実にすばらしかった!」
また “ just ” は、表現を和らげる時にも使うことができます。         「きっと、私はついていなかっただけだ。」

適切な意味となるように、イントネーションを変えて表現することを忘れないようにしてくださいね。

So many uses!

2011年 04月 20日 English Tips

In conversation, there are many ways to use the word “so”:

1. To (re-) start a topic
So, your getting married in a few weeks?

2. To check your understanding
So, the lesson’s at 6.30, right?

3. To pause and let the other person draw a conclusion
I won’t finish until late, so…

4. To close a topic
And so, that’s what happened.

会話の中では、“ so ” は様々な使われ方をします。

1. 会話を始める(再開する)時
「それで、あと数週間で結婚ですね?」

2. 理解しているか確認する時
「では、レッスンは6:30ですね?」

3. 一度止めて、相手に結論を出してもらいたい時
「私は遅くまで終われそうにないので・・・」

4. 話題を終わらせる時
「したがって、そうことになりました。」

Of course

2011年 04月 06日 English Tips

“ Of course ” is very common expression that has a few meanings

1. “ This idea is not surprising. I expected it.”
Q:  Do you like travelling to foreign countries?
A:  Absolutely. Of course, it can be a little expensive.

2. “ Definitely! ”
Q: Are you coming to Jill’s wedding?
A: Of course. I wouldn’t miss it!

3. “ I understand/agree ”
A:  Sometimes I get homesick.
B:  Of course. Everyone does.

A:  It’s raining heavily. I think we should take a taxi.
B:   Yes. Of course.

“ Of course ”はいくつかの意味を持ち、とてもよく使われる表現です。

1.  “ 特に驚くような考えでなく、すでに想定していること。“
Q: 「海外旅行は好きですか?」
A: 「もちろんです。ただ高くつきますけどね。」

2. “まったくそのとおり!”
Q:  「ジルの結婚式には行きますか?」
A:  「もちろん行きます。逃すわけにはいきません!」

3. “ 理解/同意 ”
A:  「時々私はホームシックになります。」
B:   「そうですよね。誰だってなりますよ。」

A:  「ものすごく雨が降っています。タクシーを捕まえる方がいいでしょう。」
B:  「そうですね。」

Now

2011年 03月 16日 English Tips

Now is one of the 20 most spoken words in English.
It usually means “at this time”, but it can also be used to introduce questions.

A: Are you ready to order?
B: Yes. I’ll have the fish and chips, thanks.
A: Of course. Now, would you like anything to drink?
B: Yes, a coke, please.

“Now” は、英語で最もよく使われる単語20の内の1つです。
通常は「今」という意味を持ちますが、以下のように使われることもあります。

A: ご注文はお決まりですか?
B: はい。私はフィッシュ&チップスをお願いします。
A: もちろんです。では、何か飲み物はいかがですか?
B: はい、コーラをお願いします。

Look at vs. Watch

2011年 03月 02日 English Tips

When you look at someone or something you are interested in appearance.
Generally we look at things that are not moving.

For example: Look at these photos, they’re really good.
I went to the art gallery to look at the exhibition of paintings.

Watch is a verb.
When you watch someone or something you are interested in what happens.
Generally we watch things that move or change in some way.

For example: I watch TV every night.

!! Be Careful :
If I say to you “Look at him!” I mean for you to check out his appearance.
But, if I say to you “Watch him!” I mean it as a warning.

Look はあなたにとって、その “見た目・外観” に興味を引かれる人や物を  “見る”  時に使います。
普通は、動いていないものを見る時に使います。

例:「この写真を見て。すごくいいですね。」
「私は絵の展覧会を見るために、芸術美術館へ行きました。」

Watch は動詞です。

Watch は、あなたにとって興味深い人や、起こっている何かを “見る” 時に使います。
普通は変化しているものや、動いているものを見るときに使います。

例:「私はテレビを毎晩見ます。」

!!注意!!

“Look at him!” と言われたら、それはあなたに彼の外見を見てほしい、という意味です。
“Watch him!” と言われたら、それは「彼に注意して!」という意味になります。

See vs. Watch

2011年 02月 16日 English Tips

To see means to be aware of what is around you by using your eyes.
For example: “I can see the smoke from here.”

To watch means to deliberately look at something for a period of time, especially something that is changing or moving.
For example: “I watched the children carefully.”

See は、自分の周りにあるものが、自然と目に入ってくる時に使います。
例) ここから煙が上がっているのが見える。

Watch は、“それを”意識的にある程度の間見る時に使います。
特に、何か変化しているものや、動いているものを注視する場合に使います。
例) その子供たちを注意深く見た。

Been vs. Gone

2011年 02月 02日 English Tips

When talking about vacations and overseas trips, English learners are often unsure whether to say I have been to London. Or I have gone to London.
Well, First you must remember that i) been is the past participle of  be, and ii) gone is the past participle of go.

Been can be used to describe completed journeys.
So if you have been to England twice, you have travelled there and back twice.
For example: I’ve been to Africa, but I’ve never been to Asia.

If you have gone to England, you have not yet returned.
For example: I’ve gone to the bank. I should be back in half an hour.

休暇や海外旅行について話すとき、英語を勉強している人たちはよく、
“I have been to London.” と、“I have gone to London.” のどちらを使ったらよいか
わからなくなってしまうことがあります。

まず初めに覚えておかなければならないことは、
i) been
be の過去分詞で、) gone go の過去分詞だということです。

Been は、あなたが既に旅を終えていることを意味します。
もしあなたが、2回イギリスに旅行に行ったとするならば、、
あなたは2回イギリスへ行って、イギリスから2回戻ってきたことになります。
例:「私はアフリカにいったことがありますが、アジアには行ったことがありません。」

Gone を使った場合は、あなたがイギリスに行ってまだ戻ってきていないという意味になります。
例:私は銀行に行っています。30分くらいで戻るでしょう。

By vs. Until

2011年 01月 19日 English Tips

Both until and by indicate “any time before, but not later than.”

Until tells us how long a situation continues.
If something happens until a particular time, you stop doing it at that time.
For example: They lived in a small house until September 2003. (They stopped living there in September.)

We also use until in negative sentences.
For example: Details will not be available until January. (January is the earliest you can expect to receive the details.)

If something happens by a particular time, it happens at or before that time.
It is often used to indicate a deadline.
For example: You have to finish by August 31. (August 31 is the last day you can finish; you may finish before this date.)

We also use by when asking questions.
For example: Will the details be available by December? (This asks if they will be ready no later than December.)

Until by も、共に「それよりも前で、それ以降ではない」ということを示します。

Until は、どのくらいその状況が続くということを表現します。
ある時までに何かが起こっている場合、その時を境にその状態ではなくなる時にuntil を使います。
例:彼らは小さな家に2003年の9月まで住んでいました。(9月でそこに住むことをやめた。)

また、否定文で until を使うこともあります。
例:詳細は1月までわからないでしょう。(早くても1月にならないと詳細はわからない。)

ある時までに何かが起こり、それはその時かそれよりも前に終わる時、by を用います。
By は、よく締め切りを示す際に使われます。
例:8月31日までに終わらせなければならない。(8月31日までに終わらせるとよい;その前に終わらせてもよい。)

また、質問をする時に by をよく使うこともあります。
例:12月までに詳細は分かりますか?(12月以降にならないと詳細がわからないのかを聞く。)

Affect Vs. Effect

2011年 01月 05日 English Tips

The two words sounds similar, but are often used incorrectly.
The simple way to choose which to use is to remember one is a verb and one is a noun.

Affect is a verb and is used in sentences such as,
“Alcohol affects your ability to drive.” or “The music affected him greatly.”

Effect is a noun. It is usually used with the verb ‘have’. It is used in sentences such as,
“The medicine may have some negative effects.” or ”The movie had some great special effects!”

この2つの言葉の響きは似ていますが、間違って使われていることがよくあります。
1つは動詞、そしてもう1つは名詞ということを覚えていれば、使い方はシンプルです。

Affect は動詞で、以下のような文章の時などに使われます。
「アルコールは運転に悪影響を与えます。」や「その音楽は彼に多大な影響を与えた。」
といった具合に使われます。

Effect は名詞です。
通常、動詞の”have”と一緒に使われることが多く、このような文章などに使われます。
「その薬は副作用を与えるかもしれません。」や「その映画は素晴らしい特殊効果が使われていた!」と
いったように使われます。