Been vs. Gone

11.02.02 English Tips

When talking about vacations and overseas trips, English learners are often unsure whether to say I have been to London. Or I have gone to London.
Well, First you must remember that i) been is the past participle of  be, and ii) gone is the past participle of go.

Been can be used to describe completed journeys.
So if you have been to England twice, you have travelled there and back twice.
For example: I’ve been to Africa, but I’ve never been to Asia.

If you have gone to England, you have not yet returned.
For example: I’ve gone to the bank. I should be back in half an hour.

休暇や海外旅行について話すとき、英語を勉強している人たちはよく、
“I have been to London.” と、“I have gone to London.” のどちらを使ったらよいか
わからなくなってしまうことがあります。

まず初めに覚えておかなければならないことは、
i) been
be の過去分詞で、) gone go の過去分詞だということです。

Been は、あなたが既に旅を終えていることを意味します。
もしあなたが、2回イギリスに旅行に行ったとするならば、、
あなたは2回イギリスへ行って、イギリスから2回戻ってきたことになります。
例:「私はアフリカにいったことがありますが、アジアには行ったことがありません。」

Gone を使った場合は、あなたがイギリスに行ってまだ戻ってきていないという意味になります。
例:私は銀行に行っています。30分くらいで戻るでしょう。