English Tips

Emigrate from vs. Immigrate

2012年 03月 07日 English Tips

Emigrate means to leave one country or region to settle in another.
Example: In 1900, my grandfather emigrated from Italy.

Immigrate means to enter another country and reside there.
Example: Many Mexicans immigrate to the U.S. to find work.

**The following hint may help you remember the difference:

Emigrate begins with the letter E, as does Exit. When you emigrate, you exit a country.
Immigrate begins with the letter I, as does In. When you immigrate, you go into a country

Emigrateは、国やその地域を離れ、他の場所へ定住することを意味します。
例:1900年に私の祖父はイタリアから移住しました。

Immigrateは他の国に入り、そこに住むことを意味します。
例:多くのメキシコ人が仕事を探すためにアメリカに移り住みます。
**以下のヒントがこれらの違いを覚えるのに役立つかもしれません。

Emigrateは Exit=出口 と同じEから始まります。
あなたが移住(Emmigrate)する時は、あなたが住んでいる国を離れることを意味します。

Immigrateは In=入る と同じIから始まります。
あなたが移住(Immigrate)する時は、あなたはどこか他の国に住むために入ることを意味します。

Ouch!!

2012年 02月 21日 English Tips

The words sore, hurt, pain, and ache are all used to describe injury to our body.

Sore is an most often used as an adjective to describe a part of the body. “I have a sore knee”. “My feet are sore.”

Hurt is a verb that explains which part of the body has been injured. “I hurt my shoulder playing rugby.”

A pain is a sharp and distinct feeling. It is used with the verb “have”. “I have a pain in chest.”

An ache is a continuous, dull feeling. It is also used with the verb “have”. “I have a bad back ache.”

** Note: Some common ailments use ache but can also have sharp pain.

“I have a bad headache.” “My toothache is killing me!”


sore, hurt, pain, ache
は、ケガに関する表現です。

Soreは、体の一部分を表現する形容詞としてもっともよく使われます。 「膝が痛いです。」「足が痛いです。」

Hurtは動詞で、体のどこかを怪我したことを意味します。 「ラグビーをしていて肩を痛めてしまいました。」

Painは、激しくはっきりした痛み。 動詞の“have”と一緒に使われます。 「胸が痛いです。」

Acheは、鈍い痛みが続いている感じ。 これも“have”と一緒に使われます。 「すごく腰が痛いです。」

**メモ: よくある病の症状ではache を使いますが、激痛の意味を持つこともあります。

「頭がすごく痛いです。」 「歯が痛すぎてしょうがない!」

What vs. Which - When to use these?

2012年 01月 31日 English Tips

This is a really common question, but not one that native speakers spend much time thinking about.
Look at the following questions:

1)     What book are you reading?  Or  2) Which book are you reading? 

Both questions are grammatically correct; however, there is a slight difference in meaning.

When you have no idea about any details, you will say what.
If you have some idea that the person is reading three books now, then you would say, “Which book are you reading now?”
Also, when there are a limited number of choices you will use which.

これは本当によくある質問です。 でもネイティブスピーカーは、この質問について特に意識してはいません。

次の質問を見てみましょう。

1)    何の本を読んでいるの? もしくは、 2)どの本を読んでいるの?

どちらの質問も文法的には問題ありませんが、ほんの少しだけ違いがあります。

あなたが詳細を何も知らない時は、whatを使います。
もしあなたが、その人が本を3冊読んでいるということを知っている場合は、“Which book are you reading now?” 「どの本を読んでいるの?」と、言います。また、選択肢に限りがある場合もwhichを使います。

Listen vs Hear

2012年 01月 18日 English Tips

Listen is an active verb.
That means you must make an effort to do this action.
For example: “I enjoy listening to classical music.”

Hear is a passive verb.
That means that you don’t have to try to do it. It just happens.
For example: “Did you hear that noise?”

“Listen” は能動態動詞です。
これは、アクションを起こすためには、自分で意識してやらなければならないことを意味します。
例:「私はクラシックミュージックを聞くのが好きです。」

“Hear” は受動詞です。これは自分で努力しなくても、ただ起こることを意味します。
例:「あの音聞こえた?」

Wearing them is easy; saying it’s hard.

2012年 01月 04日 English Tips

“Clothes” is a word many Japanese students of English find difficult to pronounce correctly.

In English, “clothes” is said altogether in one sound [clothz].
But many students use two sounds to say the word [cloth]-[sez].
This is because saying the “th” and “es” sounds together is hard.

Remember, English is spoken in many countries, so people are used to hearing different accents.
But a change in rhythm (or number or sounds) can cause problems.

So, when you say “clothes”, try pronouncing it the same way as “close” (e.g. Please close the door).
The listener will understand your meaning easily from the sentence, and you will sound much more natural.

Go ahead, practice: “I bought some new close (clothes) yesterday.”
“Clothes”という言葉は、英語を勉強する多くの日本人の方にとって、正しく発音するのが難しい言葉です。

英語で “clothes” は、ひとつの音で [clothz] と発音されますが、多くの日本人の方はふたつの音 [cloth]-[sez] で発音しています。
これは、“th” と “es” を一緒に発音するのが難しいからです。

英語は多くの国で使われているので、地域によってアクセントが異なりますが、多くの人は慣れてしまっており、そんなに問題ではありません。
でも、リズム (もしくは数や音) が変わってしまうことは問題です。

したがって、 “clothes” と言う時は、“close” と同じ発音で言うように心がけましょう 。  (例:ドアを閉めてください。 Please close the door.)
聞いている人は、その話の流れであなたの言わんとしていることを理解してくれるでしょうし、その方がより自然に聞こえることでしょう。

どうぞ練習してみてください: 「私は昨日新しい服を買いました。」

発音はこちら:    

 

All together vs. altogether

2011年 12月 28日 English Tips

These two words sound the same in spoken English; however, when the written their meanings are quite different.

All together means for everyone or everything.
For example:
“The guests were altogether in the dining room.”
“This CD has the best songs of the 1970s all together in one place!”

Altogether means completely or entirely.
For example:
The test was altogether (completely) impossible because it asked questions about things we hadn’t studied in class.

この2つの言葉は、会話内では同じように聞こえますが、書かれているのを見ると意味が全く違うことがわかります。

「All together」は「全員、全て」を意味します。
例:
「ゲストは全員、ダイニングルームにいます。」
「このCDアルバムには1970年のベストソングが全部入っています!」

「Altogether」は「完全に」「全体的に」を意味します。
例:
「そのテストは完全に無理でした。授業で習ったこともない問題がでていました。」

Everyday vs. every day

2011年 12月 14日 English Tips

This word and phrase look very similar and sound almost identical. Therefore, in conversation, there is little chance of making an error, but when writing, be sure to think carefully about which word you choose.

Every day - here every is a determiner, and day is a noun.
When you say “every day”, you mean each day without exception.

For example:
You have been late for school every day this week.
Every day, I run 5 kilometers.

Everyday is an adjective.
When you say “everyday”, you mean ordinary, unremarkable, usual.

For example:
My culture pages offer an insight into the everyday life of Britain.
I am going shopping to buy some new everyday clothes.

Note: if you want to check yourself, see if you could write “every morning” or “every evening” without loss of meaning. Then you’ll know it should be “every day”.

この2つの言葉はとよく似ており、聞こえ方もほぼ同じです。
したがって、会話の中では間違うことはほとんどありませんが、書く場合にはどちらを選ぶべきか、注意する必要があります。

Every day- このeveryは限定詞であり、dayは名詞です。「every day」と言う場合、例外なしで「毎日」を意味します。

例: 「今週は毎日学校に遅刻しています。」
「毎日、私は5キロ走ります。」

Everyday は形容詞です。

「Everyday」と言う場合、「ありふれた、ささいな、日常の」を意味します。

例: 「私のホームページでは、英国の日常生活を紹介しています。」
「普段着を買いに行く予定です。」

Beside vs. Besides

2011年 11月 29日 English Tips

Often in English, two words can look and sound very similar, but have completely different meanings. Distinguishing between these words can be challenging. Take a close look at these words and notice that one has an “s” on the end. This changes the meaning.

Beside
is a preposition. It means near, next to, or at the side of.
I will stand beside you through good times or bad.
She stood beside the fence gate.

Besides is an adverb. It means in addition to, apart from, or except.
It was the most popular book ever written, besides the Bible.
Everyone besides Anna wanted to go swimming.

In conversation, native speakers can understand what you’re meaning, even if you choose the incorrect word. However, in writing it is important to think carefully about which word you choose.

よく英語では類似した2つの単語がありますが、意味が全く異なることがあります。このような単語を区別することは容易ではありません。

よく見てみると、一つには単語の終わりに “s” がついています。これだけで意味がガラっと変わります。

“beside” は前置詞で「近く・となり・わきに」の意味があります。
良い時も悪い時も、あなたのそばにいます。
彼女はフェンスの近くに立っていた。

“besides”は形容詞で、「さらに・別として・除いて」の意味を持ちます。
それは聖書を除いた中で、最も人気のある本だった。
アナ以外はみんな、スイミングに行きたがっていた。

会話の中ではあなたが間違った方を選んだとしても、相手はあなたの言っている意味を理解できると思います。しかし、文章で書くときはどちらを選ぶか注意することが大切です。

Working hard or hardly working?

2011年 11月 08日 English Tips

Though these words look and sound very similar, using the incorrect one will change the meaning of your sentence completely.

Hard is an adjective that means “solid, industrious, or difficult” or an adverb that means “with a lot of effort”

For example:-
Heating the clay makes it hard (solid) .
She is a hard (industrious) worker.
It was a hard (difficult) test.
He is trying hard (with a lot of effort) to learn the guitar.

Hardly is an adverb and means “only just/very little or certainly not.”

For example:-
The teacher spoke so quietly I could hardly (only just) hear her.
You can hardly (certainly not) expect me to do the test for you!

この2つの言葉は似ていますが、間違った方を使ってしまうと文章の意味を完全に変えてしまいます。

“Hard” は、形容詞では「固い・勤勉な・難しい」という意味があり、副詞では「たくさんの努力をして」という意味を持ちます。
例:
粘土を熱すると固くなります。
彼女はよく働きます。
それは難しいテストでした。
彼は一生懸命ギターを学んでいます。

“Hardly” は形容詞で「少ししか/ほどんど~ない」の意味を持ちます。
例:
先生はとても小さな声で話したので、私はほとんど聞こえませんでした。
あなたのテストのために、私ができることはまったくありませんよ

Assure vs. Ensure vs. Insure

2011年 10月 25日 English Tips

These words sound very similar, and all express the underlying feeling of security and safety; however, they are used quite different.

Assure is the only one of the three words that means “to reassure someone or to promise.”
I assure you that your car will be ready by tomorrow.
I assure you that the fish was caught today.

Ensure basically means “to make certain or to guarantee.”
The teacher did his best to ensure the students were ready for the exam.

Insure can be interchanged with ensure in some cases, but it is simplier to keep the meaning of these words clear by using insure only when talking about insurance.
It only costs $150 a month to insure your whole family.

この二つの言葉はとても似ています。そしてどれも安全や安心感を意味するのですが、全く違った使われ方をします。

Assure」は、ここの3つの中で唯一「誰かを安心させる、約束する」という意味があります。
明日までにあなたの車を準備すると約束します。

この魚が今日捕れたことを保障します。

Ensure」は、基本的に「確実にする、保障する」という意味を示します。
先生は生徒たちがテストの準備ができていることを確認にするために最善をつくした。

ある場合、「Insure」は「ensure」と置き換えることができますが、保険のことについて話す際「insure」を使用することによって、言葉の意味がより明確になります。ご家族全員に保険をかけるには、月150ドルしかかかりません。