English Tips

What am I supposed to say?

2012年 08月 21日 English Tips

The dictionary defines the phrase “supposed to” as similar in meaning to “expected or obliged”.
This definition is a little vague and tells us little about how to use the phrase naturally in conversations.

Three of the most popular uses of “supposed to” are:

To give advice –
That’s not how you make cup ramen. You’re supposed to put HOT water, not cold! (An expected action.)

To indicate actions that are required –
Where have you been? You were supposed to be here 30 minutes ago. (An obligation)

To indicate actions that are prohibited –
You’re not supposed to walk on the grass!

In these ways, “supposed to” and “not supposed to” may be replaced by “should” and “shouldn’t”.

 

何と言ったらいいんだろう?

辞書では、”supposed to”というフレーズを、”expected” (~を期待されている) もしくは ”obliged” (~せざるをえない) と近い意味だと定義していますが、その説明では会話の中でこのフレーズが、実際どのように使われているのかほとんどわかりません。

supposed to の使われ方TOP3 :

アドバイスをする
カップラーメンの作り方はそうじゃないよ。 冷たい水ではなく、お湯を入れなくちゃいけない!(期待されている行動。)

必要とされる行動を示す
どこへ行っていたの?
あなたは、30分前にはここにいなくちゃいけないでしょう。にここにいるはずでしょ。(義務)

禁じられている行動を示す
芝生の上を歩くべきではありません!

“supposed to” と “not supposed to” は “should” “shouldn’t” に置きかえることができます。

It’s correct… but is it natural?

2012年 08月 08日 English Tips

Studies into the use of English have shown some interesting results that language learners can use to help themselves sound more natural. In particular, these studies highlight the words most commonly used.

For example, the word ‘film’ is equal in meaning to the word ‘movie’, but which do native speakers use? Well, the answer is the word ‘movie’ is used 15 times more often than the word ‘film’.
Some other interesting statistics: “See you later” is used approximately four times more that “I’ll see you later”.
“Yeah” is far more popular than “yes”.
“I don’t know” is the most common 3-word phrase.
“Exactly”, “Definitely” and “Absolutely” are all in the top 600 most used words.
Looking through similar studies online, or just listening to the actual words used in actual conversations, can be a great way for learners to start sounding more natural.

間違ってはいないけど…これって自然な言い回し?

英語用法に関する研究で、とても興味深い結果が出ています。 これの結果を活用することで、もっと自然な言い回しをすることができるでしょう。この研究結果は、頻繁に使われる言葉に注目しています。

例えば、「film=映画」は「movie=映画」と同じ意味ですが、ネイティブスピーカーはどちらを使うでしょうか? 答えは「movie=映画」が「film=映画」という語より15倍以上も多く使われます。

他の統計によれば、「See you later=それではまた」は、「I’ll see you later. =後でまた会いましょう」よりも、およそ4倍多く使われています。
「“Yeah”=はい」は、「yes=はい」よりも人気があります。
「I don’t know=わかりません」は、最も一般的に使われる3ワードうちの1つです。
「Exactly、Definitely、Absolutely=正確に、確かに、絶対に」の言葉は、よく使われる600単語の内に入ります。

似たような研究をインターネットで探してみたり、実際の会話でどんな言葉が頻出しているかを意識することで、より自然な英語を話す手助けとなってくれるでしょう。

Can vs can’t: can(’t) hear the difference?

2012年 07月 17日 English Tips

Language learners often have difficulty catching the small difference between the words can and can’t. Unfortunately, mishearing these words will obviously lead to huge misunderstanding. Two ways to make sure you catch the true meaning:

1) Listen to the context and surrounding words to give clues.

For example:
A: Is it ok to pay with credit card?                     B: I’m sorry. You can’t.
The words, “I’m sorry.” Give enough information to understand the meaning of the sentence.

2) Listen for where the emphasis is placed.

In positive sentences, the emphasis is placed on the verb  E.g. Maybe I can meet you on Sunday afternoon.
In negative sentences, the emphasis is placed on can’t   E.g. Maybe I can’t meet you on Sunday.

 

言語学習者にとってcancan’tの聞き取りが難しいことがよくあります。これらの語を聞き間違えてしまうと、明らかに大きな誤解を招いてしまいます。
あなたが本当の意味を捕えることを確認するための2つの方法は:

1) 文脈や前後の言葉も注意して聞いてみてください。

例:  A: クレジットカードで支払っても大丈夫ですか? B:  すみませんが、できません。
この「すみません」から、前の文章がどういう事を言っているか理解することができますね。

2) 強調されて発音されている部分をよく聞いてください。

肯定文では、動詞が強く発音されます。 例: たぶん、私は日曜日の午後にあなたに会うことができるでしょう。
否定文では、can’tが強調されます。    例: たぶん日曜日にはあなたに会えないでしょう。

Don’t be so literal!

2012年 07月 03日 English Tips

English speakers often use language creatively to convey their meaning more clearly. They use words to i)create images that are easily understood by the listener or ii) just to make their conversations more interesting. Unfortunately, for second language learners, this can be confusing.

Look at theses example:

a)   Terence is such a snail! He never gets his work finished on time.
b)    His room was a disaster zone.
c)     I was drowning in paperwork.

Obviously, the man is not a snail, his room wasn’t really a disaster area, and I was not really drowning. However, the use of these phrases helps the listener to clearly understand the meaning and feeling of each sentence.

What should you do as a language learner? Be open-minded. If you think you understand the meaning of the words, but not the whole sentence, look for a more creative meaning…and try being more creative with your own English. It’s fun!

普段から英語を話す人の間では、自分が伝えたいことを明確にするために、比ゆ的な表現をよく使います。
これは主に、① 聞き手が簡単にイメージを想像できるようにする ② 会話をより面白くする ためです。
あいにく、英語を第二言語として学習している者にとっては、これは混乱してしまうことがあるでしょう。

下の例を見てください。

a)  テレンスはとんでもないカタツムリ(=のろま)だね! 絶対時間通りに仕事を終わらせたためしがない!
b)  彼の部屋は、災害地帯(=ちらかった)でした。
c)  私は、書類整理に溺れて(=圧倒されて)いました。

明らかに、彼はカタツムリでありませんし、彼の部屋は本当の被災地域でありません。そして、私は実際は溺れていませんでした。
しかし、これらのフレーズは、聞き手がはっきりと各文の意味と感覚を理解するのを助けてくれます。

言語を学習している者として、何をすべきでしょうか?心を開いてみてください。 もしあなたがその単語の意味を理解しているのなら、文章全て理解できなくても、より創造的な意味を探してみてください…そして、あなた自身の英語もより創造的にしてみてください。楽しいですよ!

A few words can make all the difference

2012年 06月 19日 English Tips

When answering simple yes-no questions in conversation, adding a few words to your answers can make your English sound a lot more natural. This is particularly true when responding to offers and requests.

Look at the follow examples:

a)    Would you like some coffee?  Yes. Vs. Would you like some coffee? Yes, that would be nice. Thank you.
b)    Can you come to the party?   No. Vs. Can you come to the party?  No, I’m afraid not.

In both cases, the second answer is more polite and friendly, so will allow the conversation to continue smoothly. On the other hand, the first (short) answer may seem rude and abrupt, and may cause the conversation to break down.

Here are some common expressions with which to answer yes-no questions:

Yes, that would be nice.             No, I’m afraid.
Yes, certainly/ course.                   No, sorry I/we can’t.
Yes, I/we do.                                       No, unfortunately…

会話の中で 「はい-いいえ」の質問に答える時、ちょっとした言葉加えるだけで、より自然な感じにできます。特に、何かを提案されたり、お願いされたりした場合の受答えとして使えます。

下の例をみてください:
コーヒーはいかがですか? はい。 Vs. コーヒーはいかがですか? はい、いいですね。 ありがとうございます。
パーティーには来られますか? いいえ。 Vs.  パーティーには来られますか? いいえ、残念ながら行きません。

両方の場合、2番目の答えの方がより丁寧でフレンドリーなため、会話がスムーズに続くようになります。
これに反して、1番目(短い方)の答えは、少し失礼でぶっきらぼうにもとれます。また、会話を行き詰らせる理由にもなります。

ここでは、いくつかの「はい-いいえ」の質問の答えの一般的な表現をあげてあります。

はい、それはいいですね。      いいえ、残念ですが。
はい、もちろんです。         いいえ、すみませんができません。
はい、そうです。                     いいえ、あいにく違います・・・。

Well… you could, but should you?

2012年 05月 15日 English Tips

Both could and should can be use to present options.
Could is used introduce all possible alternative; should is used to introduce the option that the speaker feels is the best.
Example:

A  I forgot my wife’s birthday. What should I do?
B  You could just apologize, but (I think) you should buy her flowers.

 

Couldshouldは両方とも、選択肢があるかないかを示しています。
Couldは、いろいろな選択肢がある場合に使います。 shouldは、話し手がそうすることがベストだと思う場合に使います。

例:
A 妻の誕生日を忘れちゃったよ。 どうしよう?
B とりあえず、謝ってみるのがいいね。 でも、僕は花をプレゼントするべきだと思うね。

Am I learning now?

2012年 05月 02日 English Tips

The verb study describes an activity, the activity that you undertake when you want to learn about something.

In contrast, the verb learn focuses on the moment when something has become part of your knowledge. The verb learn also contains a sense of completion and permanency; usually, when you have learned something, you know everything about it and you don’t easily forget it.

The sentence below sounds strange because the verb learn gives a sense of completion. If you have truly learned something, you are normally able to use that knowledge.

Strange: I learned English in school, but I can’t speak it.

It’s possible to study something without learning it, however, so the sentences below sound fine.

Natural: I studied English for two years, but I can’t speak it very well.
Natural: I studied very hard, but I didn’t learn much.

Studyという動詞は、何かについて学ぼうとする時にする勉強するというアクションのことを言います。

対照的に 動詞learnには、何らか事があなたの中に知識となることを意味しています。さらに、動詞learnには、何かが完結して、それが永続的であることを示唆します。 何かを一度学んでしまえば、それはずっと頭の中にあって、簡単に忘れるということはありませんよね?

下の文では、動詞learnを使いながらも、完結のニュアンスを出しているので、おかしな言い回しに聞こえます。
もし、あなたが何かをちゃんと学んで(learn)いたとしたら、その知識を使うことができるのです。

おかしな言い回し: 学校で英語は学びました(learn)が、話せません。

もし、勉強したけれど何も身に付かなかったのなら、以下の文章のほうがいいでしょう。

自然な言い回し: 英語を2年間勉強しましたが、上手に話せません。
自然な言い回し: 私は一生懸命勉強しましたが、あまり学んでいません。

Imply vs. Infer

2012年 04月 17日 English Tips

**Note: This tip is especially useful for language learners preparing to take a proficiency test. Many questions in the TOEIC and TOEFL require students to understand these words.

These two words are too often used interchangeably, but they are completely different in meaning.

“Imply” means to suggest or to indicate.
Example: Water droplets accumulating on the outside of a cold glass of water can imply a hot humid day.

“Infer” involves a person actively thinking about the information and drawing a conclusion.
Example: From the pyramids, we can infer that the ancient Egyptians were skilled builders.

To think of it another way, we can substitute “suggest” for “imply” and “reason” for “infer,” still retaining the correct meaning.

**注目:
このTipsは、特にTOEICなどの英語技能試験のために勉強をしている方にとって、とても役立ちます。

ここにでてくる単語は、TOEICやTOEFLに頻出されていますので、よく理解しておく必要があります。

 この2つの単語も、同じような意味として扱われていますが、厳密的な意味は異なります。

 Imply は、「暗示する」、もしくは「示す」を意味します。例:冷たい水が入ったグラスの外側につく水滴は、高温多湿であることを示しています。

 “Infer” は、その結論が熟考の上、導き出されたというニュアンスを持ちます。例:そのピラミッドを見るに、古代エジプト人は熟練した建築者だったと推論することができます。

 “imply” の代わりに “suggest” 、“infer” の代わりに “reason” を使うこともできます。

Economic vs. Economical

2012年 04月 03日 English Tips

“Economic” and “economical” are two adjectives that are often used interchangeably.
They are clearly related but, strictly speaking, they have quite distinct meanings.

Economic describes something that is related to the study of economics or the economy of a country.
Example: The government redesigned its economic policies.

Economical describes something that saves money or gives good return for the resources used.
Example: The new fuel-efficient cars are very economical.

“Economic” と “Economical” は両方とも形容詞で、ほとんど同じ意味として使われています。
どちらの言葉も似ていますが、厳密にはまったく別の意味を持っています。

Economicは、経済学に関すること、または国の経済について述べる場合に使います。
例: 政府はその経済政策を再設計した。

Economicalは、お金を節約できたり、投資した額に対して良いリターンが得られる場合などに使います。
例:新型の車は燃費が良く、とても経済的です。

Accept vs. Except

2012年 03月 21日 English Tips

These two words sound the same in spoken English; however, when written their meanings become obvious and change the meaning of a sentence completely.

Accept is a verb meaning ‘to receive’.
Example: Please accept this gift.

Except is usually a preposition meaning ‘excluding’.
Example: I like all Japanese food except natto.

**It is worth noting that except can be used as a verb meaning ‘to exclude’. (It is seldom used in this way in everyday English.)
Example: Please except that item from the list.

 

これらの2つの言葉は同じように発音しますが、意味は明らかに異なっており、意味も完全に違います。

Accept は動詞で「受け入れる」という意味があります。
例:どうぞこの贈り物を受け取ってください。

Exceptはいつも前置詞で「除いて」という意味があります。
例:私は納豆を除いた全ての日本食が好きです。

**exceptは「除く」という意味の動詞としても使われることがあります。(日常会話の中ではめったに使われません。)

例:どうかそのアイテムをリストから外してください。