By vs. Until

11.01.19 English Tips

Both until and by indicate “any time before, but not later than.”

Until tells us how long a situation continues.
If something happens until a particular time, you stop doing it at that time.
For example: They lived in a small house until September 2003. (They stopped living there in September.)

We also use until in negative sentences.
For example: Details will not be available until January. (January is the earliest you can expect to receive the details.)

If something happens by a particular time, it happens at or before that time.
It is often used to indicate a deadline.
For example: You have to finish by August 31. (August 31 is the last day you can finish; you may finish before this date.)

We also use by when asking questions.
For example: Will the details be available by December? (This asks if they will be ready no later than December.)

Until by も、共に「それよりも前で、それ以降ではない」ということを示します。

Until は、どのくらいその状況が続くということを表現します。
ある時までに何かが起こっている場合、その時を境にその状態ではなくなる時にuntil を使います。
例:彼らは小さな家に2003年の9月まで住んでいました。(9月でそこに住むことをやめた。)

また、否定文で until を使うこともあります。
例:詳細は1月までわからないでしょう。(早くても1月にならないと詳細はわからない。)

ある時までに何かが起こり、それはその時かそれよりも前に終わる時、by を用います。
By は、よく締め切りを示す際に使われます。
例:8月31日までに終わらせなければならない。(8月31日までに終わらせるとよい;その前に終わらせてもよい。)

また、質問をする時に by をよく使うこともあります。
例:12月までに詳細は分かりますか?(12月以降にならないと詳細がわからないのかを聞く。)