Wearing them is easy; saying it’s hard.

12.01.04 English Tips

“Clothes” is a word many Japanese students of English find difficult to pronounce correctly.

In English, “clothes” is said altogether in one sound [clothz].
But many students use two sounds to say the word [cloth]-[sez].
This is because saying the “th” and “es” sounds together is hard.

Remember, English is spoken in many countries, so people are used to hearing different accents.
But a change in rhythm (or number or sounds) can cause problems.

So, when you say “clothes”, try pronouncing it the same way as “close” (e.g. Please close the door).
The listener will understand your meaning easily from the sentence, and you will sound much more natural.

Go ahead, practice: “I bought some new close (clothes) yesterday.”
“Clothes”という言葉は、英語を勉強する多くの日本人の方にとって、正しく発音するのが難しい言葉です。

英語で “clothes” は、ひとつの音で [clothz] と発音されますが、多くの日本人の方はふたつの音 [cloth]-[sez] で発音しています。
これは、“th” と “es” を一緒に発音するのが難しいからです。

英語は多くの国で使われているので、地域によってアクセントが異なりますが、多くの人は慣れてしまっており、そんなに問題ではありません。
でも、リズム (もしくは数や音) が変わってしまうことは問題です。

したがって、 “clothes” と言う時は、“close” と同じ発音で言うように心がけましょう 。  (例:ドアを閉めてください。 Please close the door.)
聞いている人は、その話の流れであなたの言わんとしていることを理解してくれるでしょうし、その方がより自然に聞こえることでしょう。

どうぞ練習してみてください: 「私は昨日新しい服を買いました。」

発音はこちら: