Beside vs. Besides

11.11.29 English Tips

Often in English, two words can look and sound very similar, but have completely different meanings. Distinguishing between these words can be challenging. Take a close look at these words and notice that one has an “s” on the end. This changes the meaning.

Beside
is a preposition. It means near, next to, or at the side of.
I will stand beside you through good times or bad.
She stood beside the fence gate.

Besides is an adverb. It means in addition to, apart from, or except.
It was the most popular book ever written, besides the Bible.
Everyone besides Anna wanted to go swimming.

In conversation, native speakers can understand what you’re meaning, even if you choose the incorrect word. However, in writing it is important to think carefully about which word you choose.

よく英語では類似した2つの単語がありますが、意味が全く異なることがあります。このような単語を区別することは容易ではありません。

よく見てみると、一つには単語の終わりに “s” がついています。これだけで意味がガラっと変わります。

“beside” は前置詞で「近く・となり・わきに」の意味があります。
良い時も悪い時も、あなたのそばにいます。
彼女はフェンスの近くに立っていた。

“besides”は形容詞で、「さらに・別として・除いて」の意味を持ちます。
それは聖書を除いた中で、最も人気のある本だった。
アナ以外はみんな、スイミングに行きたがっていた。

会話の中ではあなたが間違った方を選んだとしても、相手はあなたの言っている意味を理解できると思います。しかし、文章で書くときはどちらを選ぶか注意することが大切です。