Ouch!!

2012年 02月 21日 English Tips

The words sore, hurt, pain, and ache are all used to describe injury to our body.

Sore is an most often used as an adjective to describe a part of the body. “I have a sore knee”. “My feet are sore.”

Hurt is a verb that explains which part of the body has been injured. “I hurt my shoulder playing rugby.”

A pain is a sharp and distinct feeling. It is used with the verb “have”. “I have a pain in chest.”

An ache is a continuous, dull feeling. It is also used with the verb “have”. “I have a bad back ache.”

** Note: Some common ailments use ache but can also have sharp pain.

“I have a bad headache.” “My toothache is killing me!”


sore, hurt, pain, ache
は、ケガに関する表現です。

Soreは、体の一部分を表現する形容詞としてもっともよく使われます。 「膝が痛いです。」「足が痛いです。」

Hurtは動詞で、体のどこかを怪我したことを意味します。 「ラグビーをしていて肩を痛めてしまいました。」

Painは、激しくはっきりした痛み。 動詞の“have”と一緒に使われます。 「胸が痛いです。」

Acheは、鈍い痛みが続いている感じ。 これも“have”と一緒に使われます。 「すごく腰が痛いです。」

**メモ: よくある病の症状ではache を使いますが、激痛の意味を持つこともあります。

「頭がすごく痛いです。」 「歯が痛すぎてしょうがない!」