What am I supposed to say?

12.08.21 English Tips

The dictionary defines the phrase “supposed to” as similar in meaning to “expected or obliged”.
This definition is a little vague and tells us little about how to use the phrase naturally in conversations.

Three of the most popular uses of “supposed to” are:

To give advice –
That’s not how you make cup ramen. You’re supposed to put HOT water, not cold! (An expected action.)

To indicate actions that are required –
Where have you been? You were supposed to be here 30 minutes ago. (An obligation)

To indicate actions that are prohibited –
You’re not supposed to walk on the grass!

In these ways, “supposed to” and “not supposed to” may be replaced by “should” and “shouldn’t”.

 

何と言ったらいいんだろう?

辞書では、”supposed to”というフレーズを、”expected” (~を期待されている) もしくは ”obliged” (~せざるをえない) と近い意味だと定義していますが、その説明では会話の中でこのフレーズが、実際どのように使われているのかほとんどわかりません。

supposed to の使われ方TOP3 :

アドバイスをする
カップラーメンの作り方はそうじゃないよ。 冷たい水ではなく、お湯を入れなくちゃいけない!(期待されている行動。)

必要とされる行動を示す
どこへ行っていたの?
あなたは、30分前にはここにいなくちゃいけないでしょう。にここにいるはずでしょ。(義務)

禁じられている行動を示す
芝生の上を歩くべきではありません!

“supposed to” と “not supposed to” は “should” “shouldn’t” に置きかえることができます。