A few words can make all the difference

12.06.19 English Tips

When answering simple yes-no questions in conversation, adding a few words to your answers can make your English sound a lot more natural. This is particularly true when responding to offers and requests.

Look at the follow examples:

a)    Would you like some coffee?  Yes. Vs. Would you like some coffee? Yes, that would be nice. Thank you.
b)    Can you come to the party?   No. Vs. Can you come to the party?  No, I’m afraid not.

In both cases, the second answer is more polite and friendly, so will allow the conversation to continue smoothly. On the other hand, the first (short) answer may seem rude and abrupt, and may cause the conversation to break down.

Here are some common expressions with which to answer yes-no questions:

Yes, that would be nice.             No, I’m afraid.
Yes, certainly/ course.                   No, sorry I/we can’t.
Yes, I/we do.                                       No, unfortunately…

会話の中で 「はい-いいえ」の質問に答える時、ちょっとした言葉加えるだけで、より自然な感じにできます。特に、何かを提案されたり、お願いされたりした場合の受答えとして使えます。

下の例をみてください:
コーヒーはいかがですか? はい。 Vs. コーヒーはいかがですか? はい、いいですね。 ありがとうございます。
パーティーには来られますか? いいえ。 Vs.  パーティーには来られますか? いいえ、残念ながら行きません。

両方の場合、2番目の答えの方がより丁寧でフレンドリーなため、会話がスムーズに続くようになります。
これに反して、1番目(短い方)の答えは、少し失礼でぶっきらぼうにもとれます。また、会話を行き詰らせる理由にもなります。

ここでは、いくつかの「はい-いいえ」の質問の答えの一般的な表現をあげてあります。

はい、それはいいですね。      いいえ、残念ですが。
はい、もちろんです。         いいえ、すみませんができません。
はい、そうです。                     いいえ、あいにく違います・・・。