Can vs can’t: can(’t) hear the difference?

12.07.17 English Tips

Language learners often have difficulty catching the small difference between the words can and can’t. Unfortunately, mishearing these words will obviously lead to huge misunderstanding. Two ways to make sure you catch the true meaning:

1) Listen to the context and surrounding words to give clues.

For example:
A: Is it ok to pay with credit card?                     B: I’m sorry. You can’t.
The words, “I’m sorry.” Give enough information to understand the meaning of the sentence.

2) Listen for where the emphasis is placed.

In positive sentences, the emphasis is placed on the verb  E.g. Maybe I can meet you on Sunday afternoon.
In negative sentences, the emphasis is placed on can’t   E.g. Maybe I can’t meet you on Sunday.

 

言語学習者にとってcancan’tの聞き取りが難しいことがよくあります。これらの語を聞き間違えてしまうと、明らかに大きな誤解を招いてしまいます。
あなたが本当の意味を捕えることを確認するための2つの方法は:

1) 文脈や前後の言葉も注意して聞いてみてください。

例:  A: クレジットカードで支払っても大丈夫ですか? B:  すみませんが、できません。
この「すみません」から、前の文章がどういう事を言っているか理解することができますね。

2) 強調されて発音されている部分をよく聞いてください。

肯定文では、動詞が強く発音されます。 例: たぶん、私は日曜日の午後にあなたに会うことができるでしょう。
否定文では、can’tが強調されます。    例: たぶん日曜日にはあなたに会えないでしょう。