Inside out, back to front

Have you ever put a t-shirt or sweater on incorrectly? Yes, it’s embarrassing when this happens, and you probably appreciate someone discretely telling you. In English we use a pair of opposite words to describe this situation.

For example: Um, I think your shirt is inside out. The tag at the back is showing.
No wonder I wasn’t comfortable. My sweater was on back to front.

A similar pair is “upside down”. Obviously this is not going to be used to talk about clothing but will come in handy in many other situations.

裏表、後ろ前

これまでTシャツやセーターを間違えて着てしまったことはありますか?そうですよね、間違えてしまった時、恥ずかしいですよね。
それに直接誰かが教えてくれたら感謝しますよね。英語では、ペアになった反対語をこのような状況で使います。

例: あの、あなたのTシャツ裏表じゃないですか?後ろからタグが見えていますよ。
どうりで着心地が悪いと思った。私のセーター後ろ前でした。

似たようなペアで、「さかさま」があります。これは明らかに服について話すときには使われませんが、色々な場面で便利です。