インストラクターブログ

Personal Soundtracks

2015年 03月 07日 インストラクターブログ

I started watching a movie the other night. It mustn’t have been very good because I fell asleep after only ten minutes. But, before I did, I heard a comment that appealed to me:

“Now, it's a great feeling when you find the right (music) track to go with the day.
And today, I have found the absolute perfect song.” – Will Hayes (Definitely, Maybe, 2008)

Of course, personal playlists are not new, but with today’s smartphones we can listen to absolutely any song anytime anywhere. Now, I’m always open to new music and welcome recommendations. So, even though a playlist is a personal thing, an insight into your personality, you can find links to a few songs that have been on my recent “soundtrack” below. Hopefully you’ll enjoy these songs, too.

Remember, listening to English songs can be not only fun but also a good way to learn English. Listening to music in English helps you to catch the sounds of English words and get used to the melody of the language. You will learn new vocabulary and remember these words better. (Note: song lyrics are easily found on the Internet.) And, perhaps most importantly, it can keep your motivation high because it keeps English fun! Listen and the learning will follow.

When choosing songs to help you study, you should choose music you like. Obviously! There is no point listening to music that doesn’t suit your taste. Also, it is best to listen to a song that tells a story so that you can learn a story line. Finally, it’s best to stay away from songs with profanity or inappropriate content.

Here are some songs from my recent playlist. I’d be interested to hear what songs you’ve been listening to and/or a suggestion for a good song to help learn English.

1. Locked out of heaven – Bruno Mars: Good to play at the end of work. It’s upbeat and funky.
https://www.youtube.com/watch?v=e-fA-gBCkj0

2. Lonely Boy – Black keys: Also good for after work, or during the quiet periods during the day. Like most good rock songs, the band uses only three chords to make this gem. Check out the video – I’ve been told this is how I dance. I sure hope so! https://www.youtube.com/watch?v=oV5OGh8D-ok

3. Let her Go – Passenger: This one is for quiet reflection, so usually I’d listen to this late at night.
https://www.youtube.com/watch?v=RBumgq5yVrA

Adrian

ある晩、映画を観はじめたのですが、きっとそんなに面白くなかったのでしょう…。10分もすると寝てしまいました。ですが、眠る前にこんなフレーズが頭に残りました。
「その日に合う曲を見つけるととてもいい気分だよ。それで、今日はピッタリな一曲を見つけたんだ。」-Will Hayes (Definitely, Maybe, 2008)
もちろん、今では自分だけのプレイリストを作ることは真新しくないですが、今ではスマホでどんな曲もいつでもどこでも聴くことが出来ます。お勧めの曲を聴くこともあります。下に私の最近のサウンドトラックをリンクしてみました。皆さんも、気に入ってくれるといいのですが!
英語の曲を聴くことは楽しいだけではなく、良い勉強になるということも忘れずに。英語で音楽を聴くのは単語を拾う練習になり、言葉の“メロディー“になれる良いきっかけになります。新しい単語も増え、覚えやすくなります。(歌詞は簡単にインターネットで検索できます。)そして、一番重要なのが、英語が楽しいということ。モチベーションを高めてくれます!聴くことは学ぶことに繋がるのです。

勉強するために音楽を選ぶときは、もちろんですが、自分の好きな曲を選ぶことです。自分のテイストに合わない音楽を選んでも意味がありません。また、物語のある音楽を聴いてストーリーラインを学ぶことも大切です。あとは、内容が不適切なものは避けることです。

下のリンクは最近のプレイリストです。みなさんも最近はどんな曲を聴いているか、また、英語学習にお勧めの曲があれば教えて下さいね。

1. Locked out of heaven – Bruno Mars: https://www.youtube.com/watch?v=e-fA-gBCkj0

2. Lonely Boy – Black keys: https://www.youtube.com/watch?v=oV5OGh8D-ok

3. Let her Go – Passenger: https://www.youtube.com/watch?v=RBumgq5yVrA

エイドリアン

Memories of a Japanese Learner

2015年 01月 09日 インストラクターブログ

As I am about to go back to France, I have started to look back over my “Sapporo years”. Of the many things I have learned, the Japanese language is obviously a most precious one. When I arrived in Japan, all I could say was こんにちはand ありがとう. Fourteen years later, although my Japanese is still nowhere near as good as it should be or as I’d like it to be after all this time, I am somewhat proud of the fact that I can now converse rather comfortably in this language. However, it didn’t come easy and, for my last blog, I’d like to share with you some of my funniest memories as a Japanese learner.

I have made mistakes with vocabulary. For instance, there was this one time when I wanted to wish a friend sweet dreams via text message and I wrote よいうめを. That’s right, I wished my friend sweet plums! I have also been betrayed by intonation. After dinner with a friend, I wanted to suggest that we meet again sometime, but used the wrong intonation on いつか, so my friend thought I wanted to meet again on the 5th. That led to a weird misunderstanding.

I have also sometimes learned new words in rather funny ways. A few years ago, I was in a bar, and I don’t remember exactly what I was talking about, but I wanted to use the word “rub” and I didn’t know how to say it in Japanese. So, I asked the bartender while rubbing the counter with my hand: “こうする (gesture)、日本語でなんていうの?” He replied: “擦る。” So, I said, “Yes, that’s what I want to know. こうする (gesturing again) 日本語でなんていうの?” The bartender was getting a little frustrated and repeated in a louder voice while mimicking my gesture: “こうするは擦るっていうよ!” I still wasn’t getting it and needed to ask one more time. When I finally understood, the bartender was laughing out loud. I felt a little embarrassed, but I had just learned a new word and made someone laugh, so it was all worthwhile.

These three anecdotes happened a long time ago, but I still remember them years later and I will never make those mistakes again. So, keep studying, enjoy discovering, laugh heartily at your mistakes and learn from them.

Seba


フランスに帰るにあたって、札幌での時間を思い出しています。札幌で沢山のことを学びましたが、その中でも私にとって最も貴重だったのは日本語でした。日本に来た頃は「こんにちは」と「ありがとう」しか言えませんでした。14年経った今は完璧とは言えないかもしれませんが、問題なく話せるようになったことに自信がつき、とても嬉しく思っています。ですが、日本語習得の道は簡単なものではありませんでした。これで最後のブログ更新となりますが、ここで今までの日本語生徒としての面白かった思い出を書いていこうと思います。

単語の間違いは沢山してきました。例えば、友達にメールで良い夢を!と伝えたかったのですが、「よいうめを」と文字を打ってしまいました。そう、夢の代わりに梅を送ってしまったのです!イントネーションでも間違ってしまったことがあります。友達と夕飯を済ませた後、またいつか会おうと伝えたかったのですが、「いつか」のイントネーションを間違ってしまい、友達は「5日」に会おうと言っていると思ってしまったのです。おかしな誤解に繋がってしまいました。

そして時には笑って新しい単語を覚えたこともありました。数年前とあるバーで、具体的な話の内容は覚えていませんが、「rub(擦る)」は日本語ではどういうのか、バーカウンターを擦りジェスチャーをつけながらバーテンダーに尋ねました。「(ジェスチャーを付けながら)こうする、日本語でなんていうの?」そう聞くとバーテンダーは一言、「こする。」「そう、それが知りたいんです。(ジェスチャーを付けながら)こうする日本語でなんていうの?」少しいらついた様子で更に大きな声でバーテンダーは、「こうするは擦るっていうよ!」。それでも理解できず、もう一度聞きなおしたところでようやく意味を理解しました。バーテンダーは腹を抱えて笑っていました。少し恥ずかしかったのですが、一つまた新しい言葉を覚えたし、みんなにも笑ってもらえたので恥ずかしい思いも報われました。

この3つのエピソードはかなり昔の話ですが、今でも決して忘れられない思い出です。二度と同じ間違いはしないと思います。みなさんも学ぶことを止めず、発見を楽しみ、自分の間違いに時には笑い、そうした経験から学んでみてください。

セバ

Umbrellas: urban weapons of mass destruction

2014年 10月 10日 インストラクターブログ

Although I much prefer warm weather, the rainy days we have had recently have given me at least one reason to look forward to the winter: umbrellas will be off the streets for a few months.

Originally designed to protect us from the rain, the purpose of the umbrella has been largely perverted and it now often seems to be used by some as a weapon.
Umbrellas have become the nemesis of the urban pedestrian and cyclist that I am.
If you have ever almost lost an eye to an inconsiderate airhead opening his umbrella in your face on his way out of a store, you probably know what I mean.
But that’s not my only grievance, far from that.
If there is one type I despise above all others, it’s the people who deliberately wield their umbrellas like swords ahead of them to force their way through a rush hour crowd.
And don’t even get me started on those wannabe circus artists who try to ride their bicycles with an open umbrella.
It truly amazes me that there aren’t more accidents.
And umbrellas don’t have to be open to cause mass destruction.
I often see people swinging their umbrellas about as they walk, as if to mark off a zone of terror around them.
I can’t count the number of times I’ve been hit in the shin. Anyway, soon I’ll be able to walk around safely again.
In the meantime, until the winter settles in, let’s all get some inspiration from the people in Hong-Kong who have turned the umbrella into a symbol of peace and democracy.

Seba


どちらかといえば暖かい気候が好きですが、最近のこの雨続きで思ったことがあります。街から傘がしばらく消えると思うと、冬が待ち遠しく思えてしまうのです。

本来、傘は雨を避けるために作られたものですが、最近では傘の用途がまるで凶器のように変貌してしまったように感じます。
街行く人たちや、私を含むサイクリストにとっては、傘はまるで大敵のようになってしまっています。
前を確認せずに、店から出てくると同時に傘を開く誰かがいたとしたら、それはとても危ない行為ですよね。ですが、それだけではありません。
わざと傘をまるで剣のように前に突き出し、ラッシュアワーの道をこじ開けようとする人たちには本当に信じられません。
傘を差しながら自転車に乗る人たちもとても危険だと思います。事故になっていないことが驚きです。
傘は、大量破壊に使われるものではないです。
傘を、まるでマーキングでもするかのように振りまわす歩行者をよく見かけます。それですねを突かれたことが何度あったでしょうか。ですが、それももうじき安全に街を歩ける時期になりますが…。
最近香港で起きた学生デモに、平和と民主社会のシンボルに傘が使われたように、私達も彼らから何か良いインスピレーションが湧くといいですね。

セバ

Autumn Fest

2014年 09月 13日 インストラクターブログ

Yes, I’m afraid it’s true – summer is over for another year. At this time of the year, it is easy to begin to look sadly ahead towards winter. Sure, the thought of freezing temperatures, limited daylight, and endless snow shoveling, may make many of us feel blue. But wait, there is some good news! We are entering what in my opinion is the best season - autumn. This means cool temperatures, changing leaves and, of course, the Sapporo Autumn Fest!

We are blessed here in Hokkaido. Thanks to the climate and geography we are able to enjoy wonderful local food, and the Sapporo Autumn Fest is one of the best opportunities to sample the wide variety of delicious produce. This year, due to the popularity of this festival, organizers have extended it to West 11. Apparently, more than 1.6 million people will make their way to Odori Park to get their fill. The Sapporo Autumn Fest runs from Sept. 12 (Sunday) – Sept. 28 (Friday), 10 a.m. – 8:30 p.m. every day.

Personally, my favorite part of the festival is having a glass or two of nice wine while savoring the scrumptious seafood. That, for me, usually means oysters and a “dry white”, but a nice grilled scallop and “a full-bodied red” is also very good. Last year, I also took advantage of the international food that is available. I can’t recommend the Turkish Kebabs highly enough.
This year you’ll also find a German-style beer garden (1-chome), a Ramen Festival (5-chome), Sake & Wine bars (7-chome), a harvest market (8-chome) and a Chef’s Kitchen (11-chome). Actually, it looks like there is so much good stuff that it will probably take me a few visits to enjoy all my favorite dishes. Lucky for me, Wordwise is right next to Odori Park!

Adrian

残念ながら夏は終わってしまったようですね。またあの寒さと、日照時間の短さ、永遠に続く雪かきの冬を思うと悲しくなりますが、冬に入る前にいい知らせがあります!私が四季の中で一番好きな「秋」がやってきます。秋には涼しい気候、木の葉が色を変え、なんといっても、「札幌オータムフェスト」があります!

北海道は気候や地形にも恵まれ、更に北海道ならではの美味しい食べ物に恵まれています。札幌オータムフェストは色々な食べ物を知る素晴らしい機会だと思います。今年はこのイベントが人気のため、西11丁目まで開催地が広がりました。160万人もの人たちが大通り公園に詰めかけます。このイベントは、9月12日(日)から9月28日(金)まで、10:00~20:30まで毎日開催されます。

個人的には、白ワインを数杯、美味しい魚介類と飲むのが好きです。カキと辛口の白ワイン、ホタテには芳醇な赤ワインがとても良いです。去年は、多国籍料理も楽しむことができました。トルコのケバブは最高でした!
今年は1丁目にはドイツのビア・ガーデン、ラーメンは5丁目に、日本酒とワインバーは7丁目に。8丁目には野菜・果物市場、11丁目には人気シェフのキッチンが。どれもとても楽しそうなので、何回か足を運びたいと思っています。ラッキーなことに、ワードワイズは大通り公園のすぐ横です!

More information can be found at:
http://www.sapporo-autumnfest.jp/
http://goo.gl/E4zsOf

エイドリアン

Study abroad . . . and change your life!

2014年 08月 08日 インストラクターブログ

If you check the many blogs about study abroad that are out there on the internet, you’ll soon see that most of the reasons given for studying abroad revolve around travelling, making new friends and having a generally great time while you’re still young. Of course, these are all perfectly good reasons, but they do study abroad a disservice.

The one great reason for studying abroad is that it can make a huge difference in your future! Recently, there have been many reports of major Japanese companies becoming disenchanted with the typical graduates being produced by Japanese universities, graduates that are often described as insular and inward-looking and who are not seen as capable of working overseas or even for the many global corporations based in Japan.

One way of getting a competitive edge in the job market is to become more global in outlook, and there is no better way to do this than to study abroad. I was very lucky to be able to study abroad in the UK as a post-graduate student. Of course, I made new friends and got to travel around the UK and Europe, generally having a great time. However, the greatest benefit was how it changed my outlook.

Attending a university in a country with a very different attitude to teaching and learning, while sharing ideas and opinions with students from quite different backgrounds, gave me a great advantage when job-hunting after graduation. I haven’t always made the most of opportunities studying abroad has given me. However, I still appreciate the fact that study abroad gave me much more than good memories: it gave me a chance to become globally oriented, and this continues to benefit me even today.

For more information about studying abroad in the UK click here.

Garry


インターネットで留学についてのブログを見てみると、留学する理由に、若いうちに旅行することや新しい友達を作り、楽しい時間を過ごす等の沢山の理由が見られます。もちろんどれも素晴らしい理由ですが、留学をするのは楽しい時間を過ごすためだけではありません。

先ず理由のひとつとして、自分の将来を変えることができることです。最近の日本企業では、日本の大学を卒業した典型的な新卒者はあまり企業の目を引かないと言われています。内向的で外資系企業や世界に進出していく力のない人材は魅力的ではないようです。

就職競争に勝ち抜くためには、よりグローバルな考えを持つこと。これには留学が最適だと思います。私はイギリスに大学院生として留学することができ、とてもついていました。
もちろん新しい友達もできましたし、イギリスやヨーロッパ中を旅することもできました。しかしなによりも、私自身の価値観を変えられたことが何よりの経験でした。教え方や学び方が全く異なる国の大学で、バックグラウンドがそれぞれに違う生徒と意見を交換し合い学んだことは、卒業後の就職活動にとても有利になるものとなりました。留学が私に与えてくれた全てのチャンスは活かしきれませんでしたが、良い思い出がたくさんできた事にとても感謝していますし、なによりもグローバルな考え方を得るチャンスを得たことに感謝しています。今でもそれが糧となっています。

イギリス留学についての詳しい情報はこちらをクリックしてください。

ギャリー

What’s in a name?

2014年 07月 26日 インストラクターブログ

賢一, the wisest, 虹子, daughter of the rainbow…when Japanese parents choose a name for their children, they don’t only go for one that goes phonetically well with their surname or that has a ‘lucky’ number of strokes, they choose a meaning.

In the 13 years I have been in Japan, I have been asked a number of times what my name means, and I’m ashamed to say that, until today, I hadn’t had the curiosity to google it. In fact, most people in Western countries have no idea where their first name comes from. “So, how do parents choose a name for their children?” you may ask. Well, most of the time, they opt for a name whose sound they like or one that reminds them of an old friend or of one of their idols, provided it doesn’t ‘clash’ with the family name. For example, the first name Thomas was never an option for my parents to pick for me or my siblings although it’s a very nice name. Can you imagine Thomas Thomas? I’m still not entirely sure why they decided to name me Sebastien, but now that I’ve checked the original meaning of my name, I’m not sure it suits me very well. As a matter of fact, Sebastien comes from an old Greek word, sebastos, which mean “august” (恐れ多い). Hardly my most obvious trait, wouldn’t you say?

While I was at it, I also checked the origins of the names Garry and Adrian. Of the three of us, it’s Garry who has by far the coolest name. It comes from the old Germanic word ger, meaning “spear”. As for Adrian, his name literally means “the one who comes from Hadria”, an ancient town of the Roman Empire. While I’m fairly sure that Adrian has never been to Hadria, he still has a lot to live up to as his name was born by a Roman Emperor, Hadrianus, and six popes.
Good luck Adrian!

Seba


賢一は賢い子、虹子は虹のように美しい子…日本人の親が子供の名前を決める時、苗字と合わせて聞こえの良い名前や、漢字の画数が良い名前だけを考えるのではなく、名前の意味もあわせて考えます。

日本に13年もいると、必ず自分の名前の意味を聞かれることが多いのですが、今ままで、恥ずかしいことに、自分の名前の意味を調べたことがありませんでした。実際に殆どの西洋人は自分たちの名前の由来を知らないでいます。では、どうやって親は子供を名付けるのか?と思いますよね。大体は、自分達の好きな名前や昔の友人、憧れだった人を思い出させるような名前を選びます。例えばトーマスという名前はとてもいい名前ではありますが、絶対に私や兄弟の名前の候補にはなりませんでした。トーマス・トーマスになってしまいますからね。そんな名前想像できますか?なぜセバスチャンという名前を両親が選んだのかは未だに分かりませんが、セバスチャンという名前の由来を調べてみることにしました。どうも自分に合っていない気がしますが、セバスチャンという名前は古代ギリシャの”sebasto”という、「恐れ多い」という言葉から来ているようです。私には全く当てはまっていないと思いませんか?

また、ギャリーとエイドリアンの名前の由来も調べてみたところ、3人のなかで一番かっこいい名前なのがギャリー。古代ゲルマン人の言葉で槍を指す”ger”という言葉から由来しているようです。エイドリアンは、名前そのものがローマ帝国の町、ハドリアから訪れた人物という意味を持っています。エイドリアンはハドリアに行ったことがないはずなので、ローマ皇帝のハドリアヌスと6人の法王によって生まれた名前の地に、行ってみるのはどうでしょうか?

セバ

What’s cooking?

2014年 06月 07日 インストラクターブログ

Living in Sapporo, we are blessed with various culinary treats every season. Hotpot nabe in winter, oily grilled sanma in fall, and delicious spring vegetables. But as we move into summer, it seems to me that something strange is happening. Rather than eagerly awaiting barbecues and watermelon, food store executives and restaurant owners across the country appear to have gotten too much early summer sun. Their delusional state has led to some interesting innovations for customer to enjoy this year. Take a look at these for example.

1) Strawberry Cones Baked Kit-Kat and Mango pizza – Japanese pizza toppings have always been a source of bewilderment for many foreigners who can’t help but shake their head at a “Western” pizza covered in potatoes, corn and mayonnaise, but this new menu item belies belief. But who knows? The combination of chocolate, mango, gorgonzola cheese, nuts, honey and maple syrup may just be a winner!

2) Lotteria’s Menya Musashi Ramen Burger – Too hot to enter your favorite noodle shop? No problem! Cool off in air-conditioned comfort as you carbo-load on a bun full of lightly fried noodles topped with a thick pork cutlet, and a cup of ramen broth. Why would anyone do this, you ask? Why not? Not to be outdone, MosDo (Mos burger and Mister Donut) have hit upon the wacky idea of donut sandwiches. The Mos Burger French Culler with Round-and-Round Chorizo Sausage is sure to be a hit.

This phenomenon is not restricted to Japan either. It is quite well known that the image many uneducated non-Japanese have of sushi is the classic California roll. However, a quick search online turned up a number of more recent odd interpretations of this traditional Japanese fare. Two of the most notable are:

1) Akemasa Sushi, Hong Kong – Here you will sit in awe as an array of weird and wonderful sushi pass by on the conveyor belt. From sweet azuki beans slathered in mayonnaise to fruit-flavored gelatin topped with wasabi and all sorts in between. There is something for everyone!

2) In the Ukraine, it seems that “sushi” is not only inside-out, with rice and sometimes a layer of fish on the outside of the roll, they all contain strange smelling cheese and a heavy slathering of mayonnaise!!

Now, I’m all for creativity in the kitchen, but in my humble opinion, things are getting a bit overdone. This summer, give me some simple slices of char-grilled beef and pork, and a vanilla ice-cream any day.

Adrian


札幌に住んでいると、毎年美味しいものに恵まれます。冬はあったかい鍋、秋には脂ののった秋刀魚、そして美味しい春の野菜。ですが、日本では夏になるにつれ可笑しなことが起きる気がします。バーベキューやスイカを待つよりも、日本中の食品店やレストランでは、夏を少し先取りしすぎたようです。彼らの夏の妄想はとっても面白く、毎年私達を楽しませてくれます。次の例を見てみましょう。

①「ストロベリーコーンズ×ベイクドキットカット マンゴーピザ」
日本のピザのトッピングは、ジャガイモ、コーンにマヨネーズの乗った西洋のピザを好む外国人にとってはいつも驚きですが、この新しいメニューはそんな外国人の発想を覆します。チョコレート、マンゴー、ゴルゴンゾーラチーズ、ナッツ、蜂蜜、メープルシロップの組み合わせは最高かもしれませんね!

②「ロッテリア 麺屋武蔵ラーメンバーガー」
ラーメン屋に入るには暑すぎる?大丈夫!バンズに分厚いカツをサンドし、さっと上げた麺をたっぷりと挟んだバーガーを、エアコンの効いた店内で食べて涼しく快適です。サイドにはラーメンの汁がカップで付いてきます。
更に、「モスド」(モスバーガーとミスタードーナッツのコラボ)はドーナツサンドウィッチという斬新なアイデアを商品化させました。モスバーガーのフレンチクルーラーぐるぐるチョリンはヒット間違いなしです。

この現象は日本だけとは限りません。日本をよく知らない外国人の寿司へのイメージはカルフォルニアロールということは良く知られている事実ですが、ネットで検索すると最近の日本へのおかしな解釈がいくつかあがってきます。
 
①香港にある「アケマサスシ」では、回転ずしのようにコンベイヤーベルトに奇抜でカラフルな寿司を乗せて回します。マヨネーズにたっぷりの餡子を合えたものから、ワサビをトッピングしたフルーツ味のゼリーなど…なんでもあります!

②ウクライナでは、ネタで酢飯を巻いた寿司だけではなく、変わったにおいのチーズと濃厚なマヨネーズをたっぷりと入れた寿司もあるようです!!

私はクリエイティブに料理をしますが、これはちょっとやりすぎな気もします。今年の夏はシンプルに、ステーキとバニラアイスが食べたいものです。

エイドリアン

Spring herbs

2014年 04月 09日 インストラクターブログ

As many of you know, I was raised on a farm and growing my own vegetables is quite a hobby of mine. Now that spring seems finally to have arrived and the snow in my garden has all but disappeared, I think it’s time to start thinking of what herbs I will plant this year.

I like Thai food and make green or yellow curry once a week, and tom yum soup even more often. To add a little freshness to the dishes I usually add fresh coriander. I know that some people find the smell and taste of coriander to be a bit off-putting, so a nice alternative here in Japan is “mitsuba”. The great thing about both herbs is that you can grow them simply from seed. Just sprinkle the seeds over the area to be planted and cover lightly with soil. If you want to keep it producing, cut it back regularly to stop it seeding.

Another great herb to start in spring is parsley. I prefer Italian parsley to more common form, and its great added to salads of sprinkled on pasta dishes. As with coriander, it’s important to keep cutting the parsley back so it doesn’t seed and the leaves stay tender and tastier. A good tip that some people use with parsley is to soak the seeds in hot water for a day prior to planting as the seeds produce more sprouts.

Another favourite of mine is basil. Like parsley you can add it to salads or top pizza or pasta with it. If you plant a lot, you can also make your own fresh pesto! Most people know that basil likes warm weather, but it is quite resistant to the cold too, so you can plant it early in a sheltered place.

Fennel prefers it a little warmer, so sow the seeds directly into the ground in late spring. The fine leaves of fennel are great seasoning for fish, or you can hill up the soil around its bulb as it forms and harvest it later in the year as a vegetable.

Ok, so these are my recommendations for spring. Give them a try and enjoy the taste of fresh herbs in your summer meals.

Garry

皆さんご存知のように、私は農家で育ってきたので自分で野菜を育てることが趣味です。やっと札幌も春になり庭の雪もすっかり溶け、今年もどのハーブを育てるか決める時期がやってきました。

私はタイ料理が好きで、グリーンカレーやイエローカレーを週に一度、トムヤムクンは更に頻繁に作ります。料理に少しフレッシュ感を加えるのに大抵パクチーを使うのですが、パクチーは味や香りにクセがあり万人受けしないのも事実です。なので、その良い代用として日本の「三つ葉」を使います。このどちらのハーブも簡単に種から育てられるという利点があります。種をぱらぱらと蒔いて軽く土で覆い、定期的に茎を切り落としてやると種の形成を防いで長く収穫し続けられるのです。

他にも春から育てるのに最適なのがパセリです。よく出回っている物より、イタリアンパセリの方が好きで、サラダやパスタに加えると美味しいです。パクチーのように、種にならないように切り落とす作業が大切です。このほうが柔らかく美味しいパセリになるのです。パセリを育てるコツは、より多く芽が出るよう、植える前に種をお湯に一日浸けるのがポイントです。

更にお気に入りなのがバジル。パセリのようにサラダやピザ、パスタにトッピング出来ます。沢山植えると自分オリジナルの新鮮なペストを作ることもできますよ!広く知られているように、バジルは暖かい気候を好みますが、実は寒さへの耐性もあるので早い時期から室内に植えることも出来ます。

フェンネルはもう少し暖かい温度を好むので、春の終わりごろ地面に直接植えます。しっかりとしたフェンネルの葉は、魚の味付けには抜群です。球根の周りに土を山になるようにかけると、しっかりとした形となり野菜として年の終わりごろに収穫出来ます。

これらが私の春のおすすめです。皆さんも是非ハーブに挑戦してみてください。新鮮なハーブを夏の料理に使って楽しみましょう。

ギャリー

Big Fish

2014年 02月 26日 インストラクターブログ

Although March is just around the corner, Hokkaido dwellers know better than to start planning the first picnic of the year just yet; rather, we brace ourselves for another couple of months of long wintry evenings. If you sometimes wonder what to do at home, here is a movie that could disctract you for a couple of hours from the blizzard that’s raging outside.

It’s called Big Fish. Made in 2003 by Tim Burton, it features some great actors, such as Ewan Mc Gregor, Jessica Lange and Albert Finney. It takes place in the Southern United States and tells the story of Edward Bloom. As a former traveling salesman, Edward was often away from home, and would come back with incredible tales that he claimed had happened to him. His talent for storytelling and larger-than-life personality have made him much loved by everyone who has known him except his son, Will. Will resents the fact that his father never tells the plain truth and feels like he doesn’t know him at all. In fact, father and son haven’t talked to each other in years. One day, Edward falls suddenly very ill, and Will and his pregnant wife fly over to visit him. Despite his failing health, his appetite for entertaining people with his stories is intact, and he takes advantage of the presence of Will’s wife to tell his tales one more time and to take us into a world full of fantastic and colorful characters. The world of Edward Bloom.

With Big Fish, Tim Burton, a wonderful storyteller himself, doesn’t just deal with the serious topics of parent-child relationships and the loss of a loved one, but shows us an alternative way to live one’s life, halfway between dream and reality. If, like me, you like to think that fact and fiction don’t always have to be very different, Big Fish might soon become one of your favorite movies.

Seb

3月はもうすぐそこというのに、札幌の人たちは春のピクニックのことを考えるよりも、あと残りのまだまだ続く冬をどんな風に過ごそうかと考えています。そこで、吹雪で外出できないような日に何をしようか…と考えている人にお勧めなのがこの映画。

2003年公開の、ティム・バートン監督の「ビッグ・フィッシュ」。イワン・マクレガー、ジェシカ・ラング、アルバート・フィニーと出演陣も豪華です。舞台は南アメリカ、エドワード・ブルームという男の物語です。元旅行代理店のエドワードはいつも仕事で家には戻れないのですが、帰省する度に自身に起こった信じられない話をしてくれるのです。彼の話の上手さとひと際目立った人気者の性格で、彼は誰からも愛される存在です。しかし、息子のウィルは少し違います。ウィルはいつも大げさに話す父を見て、本当の父の姿を知らないようでとても気に入らなかったのです。父と息子は何年にも渡って言葉を交わしません。ある日、エドワードが突然の病で倒れてしまった時、ウィルと妊娠中の妻はエドワードに会いに行きます。エドワードの食欲は減る一方ですが、物語で人々を楽しませようとする思いはどんどん増すばかり。そして、もう一度素敵でカラフルに彩られた登場人物達でいっぱいの世界へ連れ出すのです。エドワード・ブルームの世界へ。

彼自身も素晴らしい語り手だというティム・バートンは、「ビッグ・フィッシュ」でただ親子関係や親子愛の喪失など、真面目な問題を取り上げているだけではなく、夢と現実の狭間でも人生には色々な選択肢があるということを教えてくれます。私のように、現実とフィクションの物語がいつも異なるとは限らないと思っているなら、「ビッグ・フィッシュ」はお気に入り映画の一つになるはずです。

セバ

Beginner’s guide to effective naps

2014年 01月 29日 インストラクターブログ

When feeling rundown during the day, the idea of closing your eyes and taking a short nap can seem perfect. Unfortunately, for many, even a very short nap is considered an impossible luxury. Yet, recent studies have confirmed what I have always suspected to be true – naps are necessary because they keep you fresh and alert.

The first reason napping may be necessary is, obviously, a lack of sleep. Did you know that most adults aren’t getting the 7-9 hours a night sleep they need? Also, poor nutrition, such as lunches high in carbohydrates and sugars, may make you sluggish later in the afternoon. Finally, the desire to nap is actually just the body following its natural circadian rhythms. In other words, it is how we are programmed.

So then, what’s the most effective way to nap? Well, according to researchers, the following information can help tired workers get the best “bang for their buck” when it comes to afternoon naps.
According to sleep experts, if you want be more alert but get back to work quickly, a 10-to-20-minute power nap is usually adequate.
However, they also say that a 60-minute nap is better for improving your memory. This amount of sleep helps with remembering facts, places and faces. The downside is that you may feel groggy when you wake up.
Finally, a 90-minute nap probably means that you have slept through an entire sleep cycle. This aids your creativity and procedural memory, such as learning how to drive.

For extra benefits you might want to try the following:
- Sleep in a slightly seated position. This stops you falling into a deep sleep.
- Surprisingly, drinking coffee before a nap can help. Caffeine takes 20-30 minutes to start working in the body. So, if you time it so that the caffeine starts kicking in just as you wake up, you can get some rest and an extra boost all in one.

So next time you feel in need of a break or just can’t keep your eyelids open any longer, consider these guidelines. You may just be napping your way to a successful and healthy future.

Adrian

日中、だんだんとペースが落ち始めたら、目を閉じて短い昼寝でもできたら最高ですよね。残念ながら、例えどんなに短い昼寝1回だけだとしても、叶わない贅沢なのが現実です。ですがここ最近の研究では、私がずっとそうじゃないかと思っていたことが正しいと証明されたのです。―頭をリフレッシュさせ集中力を高める為に昼寝は必要だということです。

昼寝が必要だという第一の理由として、当たり前な話ですが、寝不足が挙げられます。成人が一晩に7~9時間の睡眠が必要なところ、殆どがその睡眠時間を取れていないことを知っていましたか?また、炭水化物や砂糖を多く含む昼食等からくる栄養不足・偏りで、午後になると体が重く感じるかもしれません。そして、昼寝をしたくなるというのは単に体が24時間周期のリズムに従っているだけなのです。言いかえれば、体はそういう風にプログラムされているのです。
 
では、一番効果的な昼寝方法とは何でしょうか?研究者によれば、下記にある項目が疲れた人々をシャキッと目覚めさせるのに良いと言います。

専門家によると、もっとシャキッとしたい。でも早く仕事に戻らなければいけない。そんな時は10分~20分の昼寝がちょうど良いといいます。

しかし60分の昼寝のほうが記憶力を高めるのによいとも言われています。この量の睡眠は物事や場所、人の顔等を覚え易くさせます。ですが、良いことだけではありません。起き立ちあがった時に、足元がふらつく等の症状があります。

最後に、90分間の昼寝はしっかり睡眠サイクルを得たと言えると思います。創造力や、運転を習うというような手順や工程を覚える作業にも向いています。

更に、是非試してみたい項目がこちら。
―座っているような体勢で眠る。深い眠りに入りすぎるのを妨げます。
―驚いたことに、眠る前のコーヒーも眠りの手助けをしてくれます。カフェインは体に浸透し始めるのに20分~30分かかります。なので、起きる頃にカフェインが作用するようにタイミングを計らえば、休養も目覚めの良さも一度に手に入ります。

休息が必要になり、瞼をもう開けてはいられなくなった時には是非この方法を試してみて下さい。眠りの向こう側には、明るく健康的な未来があるかもしれません。

エイドリアン