Memories of a Japanese Learner

As I am about to go back to France, I have started to look back over my “Sapporo years”. Of the many things I have learned, the Japanese language is obviously a most precious one. When I arrived in Japan, all I could say was こんにちはand ありがとう. Fourteen years later, although my Japanese is still nowhere near as good as it should be or as I’d like it to be after all this time, I am somewhat proud of the fact that I can now converse rather comfortably in this language. However, it didn’t come easy and, for my last blog, I’d like to share with you some of my funniest memories as a Japanese learner.

I have made mistakes with vocabulary. For instance, there was this one time when I wanted to wish a friend sweet dreams via text message and I wrote よいうめを. That’s right, I wished my friend sweet plums! I have also been betrayed by intonation. After dinner with a friend, I wanted to suggest that we meet again sometime, but used the wrong intonation on いつか, so my friend thought I wanted to meet again on the 5th. That led to a weird misunderstanding.

I have also sometimes learned new words in rather funny ways. A few years ago, I was in a bar, and I don’t remember exactly what I was talking about, but I wanted to use the word “rub” and I didn’t know how to say it in Japanese. So, I asked the bartender while rubbing the counter with my hand: “こうする (gesture)、日本語でなんていうの?” He replied: “擦る。” So, I said, “Yes, that’s what I want to know. こうする (gesturing again) 日本語でなんていうの?” The bartender was getting a little frustrated and repeated in a louder voice while mimicking my gesture: “こうするは擦るっていうよ!” I still wasn’t getting it and needed to ask one more time. When I finally understood, the bartender was laughing out loud. I felt a little embarrassed, but I had just learned a new word and made someone laugh, so it was all worthwhile.

These three anecdotes happened a long time ago, but I still remember them years later and I will never make those mistakes again. So, keep studying, enjoy discovering, laugh heartily at your mistakes and learn from them.

Seba


フランスに帰るにあたって、札幌での時間を思い出しています。札幌で沢山のことを学びましたが、その中でも私にとって最も貴重だったのは日本語でした。日本に来た頃は「こんにちは」と「ありがとう」しか言えませんでした。14年経った今は完璧とは言えないかもしれませんが、問題なく話せるようになったことに自信がつき、とても嬉しく思っています。ですが、日本語習得の道は簡単なものではありませんでした。これで最後のブログ更新となりますが、ここで今までの日本語生徒としての面白かった思い出を書いていこうと思います。

単語の間違いは沢山してきました。例えば、友達にメールで良い夢を!と伝えたかったのですが、「よいうめを」と文字を打ってしまいました。そう、夢の代わりに梅を送ってしまったのです!イントネーションでも間違ってしまったことがあります。友達と夕飯を済ませた後、またいつか会おうと伝えたかったのですが、「いつか」のイントネーションを間違ってしまい、友達は「5日」に会おうと言っていると思ってしまったのです。おかしな誤解に繋がってしまいました。

そして時には笑って新しい単語を覚えたこともありました。数年前とあるバーで、具体的な話の内容は覚えていませんが、「rub(擦る)」は日本語ではどういうのか、バーカウンターを擦りジェスチャーをつけながらバーテンダーに尋ねました。「(ジェスチャーを付けながら)こうする、日本語でなんていうの?」そう聞くとバーテンダーは一言、「こする。」「そう、それが知りたいんです。(ジェスチャーを付けながら)こうする日本語でなんていうの?」少しいらついた様子で更に大きな声でバーテンダーは、「こうするは擦るっていうよ!」。それでも理解できず、もう一度聞きなおしたところでようやく意味を理解しました。バーテンダーは腹を抱えて笑っていました。少し恥ずかしかったのですが、一つまた新しい言葉を覚えたし、みんなにも笑ってもらえたので恥ずかしい思いも報われました。

この3つのエピソードはかなり昔の話ですが、今でも決して忘れられない思い出です。二度と同じ間違いはしないと思います。みなさんも学ぶことを止めず、発見を楽しみ、自分の間違いに時には笑い、そうした経験から学んでみてください。

セバ