Beginner’s guide to effective naps

When feeling rundown during the day, the idea of closing your eyes and taking a short nap can seem perfect. Unfortunately, for many, even a very short nap is considered an impossible luxury. Yet, recent studies have confirmed what I have always suspected to be true – naps are necessary because they keep you fresh and alert.

The first reason napping may be necessary is, obviously, a lack of sleep. Did you know that most adults aren’t getting the 7-9 hours a night sleep they need? Also, poor nutrition, such as lunches high in carbohydrates and sugars, may make you sluggish later in the afternoon. Finally, the desire to nap is actually just the body following its natural circadian rhythms. In other words, it is how we are programmed.

So then, what’s the most effective way to nap? Well, according to researchers, the following information can help tired workers get the best “bang for their buck” when it comes to afternoon naps.
According to sleep experts, if you want be more alert but get back to work quickly, a 10-to-20-minute power nap is usually adequate.
However, they also say that a 60-minute nap is better for improving your memory. This amount of sleep helps with remembering facts, places and faces. The downside is that you may feel groggy when you wake up.
Finally, a 90-minute nap probably means that you have slept through an entire sleep cycle. This aids your creativity and procedural memory, such as learning how to drive.

For extra benefits you might want to try the following:
- Sleep in a slightly seated position. This stops you falling into a deep sleep.
- Surprisingly, drinking coffee before a nap can help. Caffeine takes 20-30 minutes to start working in the body. So, if you time it so that the caffeine starts kicking in just as you wake up, you can get some rest and an extra boost all in one.

So next time you feel in need of a break or just can’t keep your eyelids open any longer, consider these guidelines. You may just be napping your way to a successful and healthy future.

Adrian

日中、だんだんとペースが落ち始めたら、目を閉じて短い昼寝でもできたら最高ですよね。残念ながら、例えどんなに短い昼寝1回だけだとしても、叶わない贅沢なのが現実です。ですがここ最近の研究では、私がずっとそうじゃないかと思っていたことが正しいと証明されたのです。―頭をリフレッシュさせ集中力を高める為に昼寝は必要だということです。

昼寝が必要だという第一の理由として、当たり前な話ですが、寝不足が挙げられます。成人が一晩に7~9時間の睡眠が必要なところ、殆どがその睡眠時間を取れていないことを知っていましたか?また、炭水化物や砂糖を多く含む昼食等からくる栄養不足・偏りで、午後になると体が重く感じるかもしれません。そして、昼寝をしたくなるというのは単に体が24時間周期のリズムに従っているだけなのです。言いかえれば、体はそういう風にプログラムされているのです。
 
では、一番効果的な昼寝方法とは何でしょうか?研究者によれば、下記にある項目が疲れた人々をシャキッと目覚めさせるのに良いと言います。

専門家によると、もっとシャキッとしたい。でも早く仕事に戻らなければいけない。そんな時は10分~20分の昼寝がちょうど良いといいます。

しかし60分の昼寝のほうが記憶力を高めるのによいとも言われています。この量の睡眠は物事や場所、人の顔等を覚え易くさせます。ですが、良いことだけではありません。起き立ちあがった時に、足元がふらつく等の症状があります。

最後に、90分間の昼寝はしっかり睡眠サイクルを得たと言えると思います。創造力や、運転を習うというような手順や工程を覚える作業にも向いています。

更に、是非試してみたい項目がこちら。
―座っているような体勢で眠る。深い眠りに入りすぎるのを妨げます。
―驚いたことに、眠る前のコーヒーも眠りの手助けをしてくれます。カフェインは体に浸透し始めるのに20分~30分かかります。なので、起きる頃にカフェインが作用するようにタイミングを計らえば、休養も目覚めの良さも一度に手に入ります。

休息が必要になり、瞼をもう開けてはいられなくなった時には是非この方法を試してみて下さい。眠りの向こう側には、明るく健康的な未来があるかもしれません。

エイドリアン