Been vs. Gone

2011年 02月 02日 English Tips

When talking about vacations and overseas trips, English learners are often unsure whether to say I have been to London. Or I have gone to London.
Well, First you must remember that i) been is the past participle of  be, and ii) gone is the past participle of go.

Been can be used to describe completed journeys.
So if you have been to England twice, you have travelled there and back twice.
For example: I’ve been to Africa, but I’ve never been to Asia.

If you have gone to England, you have not yet returned.
For example: I’ve gone to the bank. I should be back in half an hour.

休暇や海外旅行について話すとき、英語を勉強している人たちはよく、
“I have been to London.” と、“I have gone to London.” のどちらを使ったらよいか
わからなくなってしまうことがあります。

まず初めに覚えておかなければならないことは、
i) been
be の過去分詞で、) gone go の過去分詞だということです。

Been は、あなたが既に旅を終えていることを意味します。
もしあなたが、2回イギリスに旅行に行ったとするならば、、
あなたは2回イギリスへ行って、イギリスから2回戻ってきたことになります。
例:「私はアフリカにいったことがありますが、アジアには行ったことがありません。」

Gone を使った場合は、あなたがイギリスに行ってまだ戻ってきていないという意味になります。
例:私は銀行に行っています。30分くらいで戻るでしょう。

1st Birthday Party

2011年 01月 29日 ニュース

おかげさまでWORDWISE外国語教室は、1歳の誕生日を迎えることができました!

それを記念して、パーティーを開催いたします。
皆様ご友人もお誘いの上、お気軽にご参加ください。

Date: 3月5日(土)
Time: 19:00~21:00 (18:50から入場いただけます。)
Place: Serendipity (南2条西5丁目31-2) MAP
Price: お一人様 3,300円 (お食事と飲み放題)

※お支払いは、事前にWORDWISEの受付けにてお願いいたします。
※ご参加の場合は、3月2日までお申し込みください。定員に達した場合は、締め切らせていただきます。

Meeting people at the Sapporo Snow Festival

2011年 01月 29日 インストラクターブログ

January is nearly over and that means the Sapporo Snow Festival is almost upon us, with the 62nd festival beginning on February 7th. To be honest, I’ve never been a big fan of the Snow Festival. I can’t help it but if you’ve seen one big lump of snow, you’ve just about seen them all. However, in recent years the addition of various food and drink stalls have added to the atmosphere in the Odori site and made it a lot more fun.

Another fun aspect is that the Snow Festival brings tourists from all over Japan and the world, and with this influx of tourists comes the opportunity to meet some interesting new people. I remember my favorite Snow Festival was the time 3 Swedish friends flew to Japan for the occasion. Showing my guests around Sapporo and the Snow Festival allowed me see the things through a different perspective . . . and the big “lumps of snow” seemed a lot more interesting than they had previously.

However, for those of you who are a little worried about cross-cultural communication, let me give you a tip: no one really wants to be used as a language practice partner. So while you may really want to chat with foreigners, you need to consider their feelings as well.

The best way to overcome this problem when meeting new people at the festival is simply to smile and say “Hi!” This is the very best conversational opener EVER! It gives the chance for the other person to respond without too many expectations. If they stop and talk, chances are you’ve made a new friend. If they aren’t interested, they can just smile and pass on by – no harm done.

Of course, if you really want to make the acquaintance of people from overseas, you could always volunteer . . . and these sites may be a good place to start:

外国語を使ってボランティアをしたい方へ(札幌国際プラザ)
札幌コンベンションセンター 外国語ボランティア

Anyway, I hope you’ll enjoy the Snow Festival, and if you smile and say “Hi!” it might just be even more enjoyable.

Garry

1月も終わりに近づき、62回目の札幌雪祭りが2月7から始まります。
正直、特に雪祭りファンではありません。
大きな雪の塊がチラっとでも見えたら、全部見たと同じことでしょう。
でも、ここ最近は色々な屋台が出たりして、大通近辺も結構面白くなってきています。

もうひとつ札幌雪まつりの楽しいところは、海外から多くの観光客を運んできてくれることです。
多くのツーリストが流れ込んでくることで、興味深い人たちに会えるチャンスがあります。私の思い出に残っている雪祭りは、スウェーデン人の友人が3人、雪祭りを見に日本へやってきた時のことです。
私は彼らに札幌を案内し、雪祭りを違った視点で見ることができました。
そしてその大きな“雪の塊”は、友人達にとって、それまで見た雪像よりずっとずっと面白かったようです。

そこで、異文化交流に自信の無い方に、私からちょっとしたアドバイスをさせてください。
それは、本当は誰も外国語の練習相手として利用されたくない、ということです。
あなたは外国人とおしゃべりとしたいと思っても、相手はどう思っているでしょうか?

こういった問題を解決する一番の方法として雪祭りで初めて会う人には、
ただにっこりとほほ笑んで、“Hi !”と挨拶することです。
これ以上良い会話の切り出し方は、ありません!そうすることで期待を掛け過ぎずに、
相手に返答するチャンスを与えること事ができます。
もし、立ち止まって話をしてくれるなら、友達を作るチャンスです。
興味がなければ、微笑み返して通り過ぎていくでしょう。 なんてことはありません。

もちろん、本当に海外の友人を作りたいのであれば、ボランティアというのがあります。
以下のサイトから何が始められるかもしれませんよ。
外国語を使ってボランティアをしたい方へ(札幌国際プラザ)
札幌コンベンションセンター 外国語ボランティア

ともあれ、皆さんが雪祭りを楽しめるといいですね。
そして笑って “Hi” と言えばもっと楽しめるでしょう!

ギャリー

By vs. Until

2011年 01月 19日 English Tips

Both until and by indicate “any time before, but not later than.”

Until tells us how long a situation continues.
If something happens until a particular time, you stop doing it at that time.
For example: They lived in a small house until September 2003. (They stopped living there in September.)

We also use until in negative sentences.
For example: Details will not be available until January. (January is the earliest you can expect to receive the details.)

If something happens by a particular time, it happens at or before that time.
It is often used to indicate a deadline.
For example: You have to finish by August 31. (August 31 is the last day you can finish; you may finish before this date.)

We also use by when asking questions.
For example: Will the details be available by December? (This asks if they will be ready no later than December.)

Until by も、共に「それよりも前で、それ以降ではない」ということを示します。

Until は、どのくらいその状況が続くということを表現します。
ある時までに何かが起こっている場合、その時を境にその状態ではなくなる時にuntil を使います。
例:彼らは小さな家に2003年の9月まで住んでいました。(9月でそこに住むことをやめた。)

また、否定文で until を使うこともあります。
例:詳細は1月までわからないでしょう。(早くても1月にならないと詳細はわからない。)

ある時までに何かが起こり、それはその時かそれよりも前に終わる時、by を用います。
By は、よく締め切りを示す際に使われます。
例:8月31日までに終わらせなければならない。(8月31日までに終わらせるとよい;その前に終わらせてもよい。)

また、質問をする時に by をよく使うこともあります。
例:12月までに詳細は分かりますか?(12月以降にならないと詳細がわからないのかを聞く。)

New experiences for a new year . . .

2011年 01月 10日 インストラクターブログ

Well, the New Year is here and I’m feeling another year older. It’s common in many countries to make a resolution for the New Year, usually something like losing weight or giving up smoking; however, this year, I’ve decided to become a little more adventurous.

There are a plethora of weird and wonderful sights to see around this world of ours, and I’ve decided that 2011 is the year for me to see a few more of them. I’ve chosen 3 events that appeal to me, and if possible I want to visit the following events this year.

The first is the Hindu festival of Holi that takes place on March 19 across India. Originally Holi was a spring fertility and harvest festival, but now it is a colourful celebration of life, with people smearing each other with brightly-coloured paint, and throwing coloured water and dye over everything and everyone. I’ve always been a fan of Indian food, so I might be able to kill two birds with one stone.

Next on my list is the wonderfully English Gloucestershire Cheese Rolling Festival held around May 30 each year. You might need to be a bit crazy, but the idea of running (or rolling) down a steep 180m hill chasing a piece of cheese sounds too good to pass up. The event has been held for over 200 years, but maybe not for much longer due to concerns about injuries, so this might be my last chance.

La TominaIn August, I figure the La Tomatina tomato fight in Buñol near Valencia, Spain, might be the place to be. The main event of the festival is a tomato fight in which up to 30,000 people use 100,000 kg of fresh tomatoes as weapons to throw at and over each other. The fight only lasts an hour, which is probably a lot less time than the cleaning up afterwards.

So that is my resolution for 2011, and I really plan to visit these places. However, like most resolutions, I’ll probably just give up on my plans after a few days and stay home as usual. Why don’t you let me know what you resolve to do this year, maybe we can encourage each other to stick to our resolutions!

Garry

年が明けて、もうひとつ年を取った感じがしています。
どの国でも新年の決意をするものですよね、今年は痩せようとか、禁煙しようとか・・。
私はといえば、今年はいつもより少し冒険してみようと思っています。

世界中にはちょっと変わっているけれど素晴らしい観光スポットがたくさんありますが、
2011年、私はその中のいくつかを訪れてみようと決意しました。
面白そうなイベントを3つ選んでみました。
出来たら、今年は次のようなイベントに参加してみたいと思っています。

ひとつ目は、インドで3月19日に行われるホーリーと言うヒンズー教の祭りです。
もともとホーリーは、春に開催される豊穣と収穫の為の祭りだったそうですが、
今では、人々が色鮮やかなペイントをお互いに塗りつけ、みんなで色付きの水や
染料を投げつけるといったカラフルな祭典になっています。
私はずっとインド料理が大好きなので、私にとっては一石二鳥です。

次は、毎年5月30日頃に開催されるイギリス グローチェスターのチーズ転がし祭りです。
ちょっとクレイジーにならないといけませんが、チーズを追いかけて180メートの高さの丘を
下る(というか転がる?)というのは見逃せません。
この祭りは200年も前から開催されているのですが、怪我人が大勢出てしまうため
そんなに長く続かないかもしれません。だから、今回が最後のチャンスかもしれません。

8月には、スペイン バレンシア近郊のブニョルで開催されるトマト祭りに参加していると思います。
祭りのメインイベントは、最大30,000人が同時に新鮮なトマト100,000キロを投げつけ合う
トマトの戦いです。戦いは、おそらくそれを掃除する時間よりもっと短い1時間で終了してしまいます。

これが私の2011年の決意です。
実際にこの場所を訪問する予定です。
ただし、ほとんどの決意と同じように、何日後には計画をあきらめて、いつもと同じように家で過ごしていると思います。
あなたの今年の決意は何ですか?
是非私たちに教えてください。今年の決意を達成できるよう励まし合いましょう!

ギャリー

Affect Vs. Effect

2011年 01月 05日 English Tips

The two words sounds similar, but are often used incorrectly.
The simple way to choose which to use is to remember one is a verb and one is a noun.

Affect is a verb and is used in sentences such as,
“Alcohol affects your ability to drive.” or “The music affected him greatly.”

Effect is a noun. It is usually used with the verb ‘have’. It is used in sentences such as,
“The medicine may have some negative effects.” or ”The movie had some great special effects!”

この2つの言葉の響きは似ていますが、間違って使われていることがよくあります。
1つは動詞、そしてもう1つは名詞ということを覚えていれば、使い方はシンプルです。

Affect は動詞で、以下のような文章の時などに使われます。
「アルコールは運転に悪影響を与えます。」や「その音楽は彼に多大な影響を与えた。」
といった具合に使われます。

Effect は名詞です。
通常、動詞の”have”と一緒に使われることが多く、このような文章などに使われます。
「その薬は副作用を与えるかもしれません。」や「その映画は素晴らしい特殊効果が使われていた!」と
いったように使われます。

ドイツ語・フランス語・イタリア語 Starter's Campaign!

2010年 11月 20日 ニュース

ドイツ語・フランス語・イタリア語を始めたい、しっかり身に付けたい方は
是非このお得なキャンペーン中にお申し込みください!

入学金(15,750円) と テキスト代金が無料となります!

キャンペーン期間:2010年12月10日~2011年1月9日

Christmas with a German flavour

2010年 11月 19日 インストラクターブログ

December is almost here again, and if, like me, you are tired of the commercialism that appears to be taking over the holiday period, I suggest you go check out the “German Christmas Market in Sapporo” for a taste of a traditional European Christmas.

I visit the market without fail every winter and my favorite thing is to taste Glühwein, German hot mulled wine, a great ally against the cold. Almost all the food stalls at the market sell it but it can vary from sweet to spicy or bitter depending on the stall: I suggest you try a couple of different kinds to find the one that best suits your taste. Foodwise, every visitor ought to indulge themselves in the deliciously sweet gebrannte Mandeln (candied, toasted almonds), and you should definitely pay a visit to Markus Bos for a plate of his famous beef stew or, for those with a sweet tooth, you can try one of his yummy Apfelpancakes (or both!).

There are plenty of other things for children and adults to enjoy: admire the colorful displays of handmade Christmas decorations, get your picture taken with Santa Claus, discover the tradition of the Advent calendar, and listen to live performances of Christmas carols and gospel music. One show I certainly won’t miss is that by the Bright Sapporo choir. To find out about all the events, check out the “German Christmas Market in Sapporo” website at www.city.sapporo.jp/christmas-market/

Seasons greetings!

Sebastien

12月がもうすぐそこまで来ています。
私と同じく、この年末休暇の時期が商業的な雰囲気になるのに飽き飽きしている方は、
ヨーロッパの伝統的なクリスマスを体験することができる“ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo”に行ってみてはどうでしょう。

私は大好物のグリュ―ワインを味わいに毎年必ず行っています。
グリューワインとは香味が加えられた温かいワインで、寒い時には心強い味方です。
ほとんどの屋台でも売られていますが、店によって甘い味付けのもの、スパイシーなものや苦みを
効かせてあるものまで様々なグリューワインがあります。
色んな種類のワインを飲み比べ、自分のお気に入りを見つけてみてはどうでしょう?
さらに、皆さんに是非食べてみてもらいたいのが、ゲブランテ・マンデルン(ローストしたアーモンドの砂糖がけ)です。
そして、甘い味が好きな方はマーカス・ボスさんのお店で是非ビーフシチューかリンゴのパンケーキを
食べてみてください!(両方でも!)
綺麗なクリスマスデコレーションを見る、サンタクロースと写真を取る、伝統的なアドベントカレンダーをやってみる、
クリスマスキャロルやゴスペル音楽のライブパフォーマンスを聴いてみるなど、
子供も大人も楽しめることが沢山あります。私はBright Sapporo 聖歌隊のショーは、必ず見に行っています。

“ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo”のイベント情報は、こちらのサイトで確認できます。
www.city.sapporo.jp/christmas-market/

年末のご挨拶にかえて

セバスチャン

Coffee oases in Central Sapporo: Kita Jizo

2010年 11月 06日 インストラクターブログ
Coffee Oases In Central Sapporo Kita Jizo

Kita Jizo was the first coffee shop I ever visited in Japan. When I first visited here almost 20 years ago, I stopped in for coffee and was pleasantly surprised by the great service and pleasant atmosphere. With flowers on the tables and subdued lighting, it reminded me very much of my favourite coffee/tea shop outside my college in England.

Years later when I came back to Sapporo, I was glad to see little had changed. The staff had changed, but the new waitresses were equally as friendly and equally as charming.

Now after 20 years, I still visit Kita Jizo for coffee or cocoa and a light snack. It is still a great place to sit and chat, or read a book, and the new staff are still just as friendly.

Located just behind the tokeidai, it is in a great position for people in the city to drop in, but beware of the bathroom. On opening the first of two doors you will find yourself in a pitch black anteroom, and it can be a bit unnerving for first time users. But trust to fortune and you’ll be fine! I hope to see you there one day soon!

Garry

北地蔵は私が日本に来て初めて訪れたカフェです。
20年前、コーヒーでも飲もうと初めて立ち寄った時、雰囲気とサービスが思いがけずとても良かったので
嬉しかったのを憶えています。テーブルの上には生花が飾られていて、
落ち着いた照明の店内は、イギリスの大学時代に学校の近くにあったお気に入りのカフェを思いださせてくれます。

スタッフは入れ替わっていましたが、新しいウェイトレスも昔と変わらず親しみやすく、魅力的でした。

あれから20年経った今でも、北地蔵を訪れてはコーヒーやココアを飲みながら軽い食事を取ったりしています。
雑談をしたり読書をしたりするには本当にいい場所です。もちろん新しいスタッフもとても親切です。

都心部で働く人が立ち寄るのにとても便利な場所、札幌時計台のちょうど真後ろにあります。でも、お手洗いには気を付けた方がいいです。ドアを一枚開けると、そこは真っ暗なんです。最初は驚くかもしれませんが、大丈夫です!

それでは、近いうちに北地蔵でお会いできるといいですね!

ギャリー

X'mas Party

2010年 10月 31日 ニュース

来たる12月4日(土)にX’mas Partyを開催いたします。

年末のお忙しい時期かと思いますが、是非ご参加ください!
生徒の皆様はもちろん、WORDWISE に興味のある方であれば、どなたでもお申し込みいただけます!
当日はちょっとしたゲームと賞品もご用意しております!

Date: 12月 4 日(土)

Time: 19:30~ 21:30  (19:00よりご入店いただけます。)

Place : 一軒家野菜バール Veggyの家 札幌市中央区南1条西7丁目11-2 地図

Price : お一人様 3,500円  ( お食事と飲み放題 )

是非ご友人もお誘い合せの上、参加を info[email protected]
もしくは直接WORDWISE受付まで11月26 日(金)までにお知らせください。

※定員に達しましたら締め切らせていただきます。ご了承ください。
※お支払いは事前にWORDWISE受付にてお願いいたします。