オータムキャンペーン

2010.09.29 ニュース

10月12日(火)~11月12日(金)まで、オータムキャンペーンを実施いたします!

この期間にご契約いただくと、10レッスン毎に1レッスンが無料でプラスされます。是非この機会にお申し込みください!新規・更新とも対象です。

ビジネス英語コース(52レッスン)をご契約の場合、5レッスンが無料で加えられ合計57レッスンを受講いただけます。

詳しくはお問合せください。

英文校正・翻訳 即日サービス

2010.09.27 ニュース

ビジネス文書・論文・証明書など、お急ぎで英文校正・翻訳に対応する即日サービスをご利用ください。

お見積後、12:00までにご注文いただいた分は、当日の18:00までに納品いたします。

※原稿量に制限がございます。下記をご確認ください。
※月曜日は定休日のため、即日サービスを含む校正・翻訳サービスを行っておりません。

お申し込み方法

①   お見積依頼 (当日11:00までにこちらのフォームより、お見積依頼を送信してください。
※備考欄に即日サービスとご入力ください。

② お見積返却 (10:00の営業開始後にデータを確認し、30分を目途にお見積りをお送りいたします。)

③ お見積金額をご確認いただきましたら、12:00までにご注文/キャンセルをお知らせください。
(12:00までにご連絡がない場合は、ご注文とさせていただきます。)

④ 18:00までにEメールにて原稿を送信いたします。

⑤   ご請求書の送付

⑥ ご請求書到着、5日以内に銀行振込にてお支払ください。

料金

英文校正: 1,500円/1ページ ( 250単語 )
翻訳(日→英): 18円/1文字

※消費税が別途かかります。
※校正は1ページから承ります。250単語以下は1ページとしてカウントいたします。
※翻訳は100文字から承ります。100文字以下は、100文字分の料金をチャージいたします。

対応可能な原稿量

英文校正: 4ページまで (1,000単語まで)
翻訳(日→英): 800文字まで

※混雑状況により、お受けしかねる場合がございます。ご了承ください。
※月曜日は定休日のため、即日サービスを含む翻訳・校正サービスの受付は行っておりません。

Coffee oases in Central Sapporo: The World Books & Café

World Books Cafe, SapporoSo this unusually long, hot summer has come to a close at last, and chilly autumn mornings and long, snowy winter evenings that I associate with life in Sapporo, are on their way again, providing the perfect opportunity for a coffee fan like me to find refuge in a one of the many excellent coffee shops that dot the Sapporo landscape. Over the next few weeks I would like to introduce some of my favourite city coffee shops: great places in which to hide from your boss and spend a relaxing hour with friends or a good book…

The first café I’d like to introduce is a relatively new one: The World Books & Café.

Located on the 5th floor of the Ohsawa Building (South 1 West 1), the World Café is, in some ways, still a work in progress.

From its name, you would expect a bookish atmosphere, but World Café goes well beyond the expected, offering a huge collection of books – mostly travel themed. The only drawback (though understandable), is that you can’t take them to your table to look at over a cup of coffee.

The staff is very friendly and service is what you would expect from a city café. The first night I visited I had risotto and seafood pasta with a basil sauce, and the staff at the bar made a Cinzano rosso and dry ginger ale just as I asked, though it wasn’t on the menu. To my thinking, the food was just a little salty, but otherwise it was tasty and there was plenty of it.

A final thing in its favor is space!  Unlike many other coffee shops in which you almost sit on your neighbor’s lap, Word Café offers plenty of room and a nice choice of table size.

So if you’re looking for a quiet place to spend an hour, give The World Books and Café a try…you might even see me there!

Garry

Website: http://www.world-spirallife.com/

World Books Cafe, Sapporoめずらしく長かった夏もやっと終わりに近づき、ひんやりする秋の朝と長い間雪が降る冬の夜がこちらに向かっています。私のようなコーヒー好きにとっては、札幌市内にたくさん点在する素敵なカフェに避難することができます。これから数週に渡って、私のお気に入りのカフェを紹介していきたいと思います。
上司から隠れたり、友達と過ごしたり、本を読むには最高の場所ばかりです。

1回目は比較的最近できたばかりの“The World Books & Café”を紹介します。

場所は札幌市中央区南1条西1丁目大沢ビル5Fにあります。まだ、作り途中という感じです。
店名から本がいっぱいある堅苦しいイメージを感じるかもしれませんが、
それどころかWorld Caféには、それを超えた本のコレクションがあります。
その多くは旅行関係の本です。唯一足りないことがあるとすれば(もちろん理由は理解できるものですが)、
自分のテーブルに本を持っていって、コーヒーを飲みながら読むということができないことです。

スタッフはとてもフレンドリーで、サービスも大都市にあるカフェのサービスとして申し分ありません。
初めて訪れた時、リゾットとバジルソースのシーフードパスタを食べました。
そして、私がお願いするとメニューには無かったチンザノロッソとドライジンジャーエールを作ってくれました。
私が思うに、食べ物はちょっと塩辛かったですが、その他はおいしくて量もたっぷりでした。

最後にもうひとつ良いところは空間です!
隣の人の膝に座っているような狭い空間しかない他のカフェとは違い、
Word Caféはゆったりとした空間とテーブルでくつろぐことができます。

もし、静かでゆっくりと過ごせる場所を探しているのなら、The World Books and Caféに行ってみてください。
私にも会えるかもしれません!

ギャリー

TOEIC®対策コース

2010.09.09 ニュース

この度、WORDWISEではTOEIC®対策コースを開始いたしました。
TOEIC®を初めて受験する方から、高得点者の方まで、様々なお客様に
合うコースをご用意しております。
月額18,900円(月4回)で受講いただけます!

・スキル集中コース5レッスン
・セクション別強化コース20レッスン
・全般コース40レッスン
・集中コースご希望回数

TOEIC®対策ページへ

1st Thanks party

2010.08.22 ニュース

皆様、いつも勉強お疲れさまです!
日頃の感謝をこめて、9月4日(土)に、1st Thanks Partyを開催することとなりました!

生徒の皆様はもちろん、WORDWISE に興味のある方であれば、どなたでもご参加いただけます!

おいしい料理と飲み物で一休みしてみませんか?
当日はちょっとしたゲームと賞品もご用意しております!

Date: 9 月 4 日(土)

Time: 19:30~ 21:30  (19:00よりご入店いただけます。)

Place : 札幌市中央区南3条西2丁目6 KT3条ビル ( 旧HBC3条ビル ) 1F Via BRERA  地図

Price : お一人様 3,000円  ( お食事と飲み放題 )

ご友人もお誘い合せの上、参加を [email protected] もしくは直接カウンターまで9月 1 日(水)までにお知らせください。

※定員に達しましたら締め切らせていただきます。ご了承ください。

Sapporo City Jazz: A night with “Beijing”!

Do you ever get tired of listening to Johann-Sebastian Bach and Metallica? I sometimes do. Luckily, every summer in the heart of Sapporo, we get the chance to experience a different flavor of music at the Sapporo City Jazz Festival.

I don’t think I need to tell anyone what jazz is. Everybody has heard at least once in their lives Louis Armstrong’s syncopations or Ella Fitzgerald’s scat improvisations. Yet a little known fact about jazz is that while it’s probably the most popular of music genres, it’s also the least well understood. You don’t believe me? Try asking your friends: “Do you like jazz?” I’m sure 90% of them will tell you they do – just because it’s uncool not to. Then try asking them what artists they like and what their favorite recordings are and you’ll get a very evasive answer, if any at all. By the way, I’m one of those guys.

To help me remedy this, I took my very good friend Tomoko, a long-time jazz enthusiast, to the Sapporo City Jazz Festival under the white marquee  in Odori Park (West 2).

The Sapporo City Jazz organizers put together a wonderful array of talent each year, and it was difficult to choose who to see. A number of Japanese and foreign artists appealed, but we finally hit upon the Chinese all-female group, “Beijing”: the girls don’t offer a traditional jazz sound, rather they are part of the movement to “sex up” classical music that started with Vanessa Mae and which has spawned a string of girl groups across the globe.

The string-based quintet (they seem to have left 2 of their 7 members behind) strutted and posed their way through selections from a range of genres; the Hollywood standard “My Favorite Things” to Carol King to Japanese pop tunes to Vivaldi. Interspersed with these were a selection of original pieces that included the soaring anthem (used as the campaign theme song for the 2008 Beijing Olympics) “2008飛翔” and the delightful “Start”.

Fashionable and hi-tech, the girls presented a slick, well-produced show that pleased both the ear and the eye, and none of the girls would seem out of place on the cover of a fashion magazine. The one fault, according to Tomoko’s practiced ear, was that the nuance of their music was sometimes lost behind poor song choices and the over-powering synthesized accompaniment. Personally, I think the group could stick to what they do best a little more, and not play quite so much to pre-conceived audience tastes. It was their original work that was the highlight of the evening for me and, truth be told, I found some of the other material a touch disappointing.  Nevertheless, it was a great evening and if you have the chance next year, you should definitely give it a try!

Let me also take a moment to praise the event in general. The White Rock Stage was excellent, and though it doesn’t have the acoustics of a concert hall like Kitara, on a hot sultry evening it was cool and pleasant to feed on Jambalaya and Chicken Gumbo, and wash it down with a glass of white wine.

The organizers should be applauded for making Jazz, in its many styles, accessible to the people of Sapporo and I look forward to the 2011 version of the festival, where maybe I can re-acquaint myself with the girls from “Beijing”. Hope to see you there!

Garry

バッハやメタリカを聴くのも飽きたな思うことありませんか?私は時々飽きます。
でも、札幌の中心部では “札幌シティジャズ フェスティバル”というのが毎年夏に開催されていて、そこで色々な種類の音楽を楽しめるんです。

今さらジャズが何か説明する必要はないですよね?
皆さんも一度くらいは、ルイ・アームストロングのシンコペーションやエラ・フィッツジェラルドのスキャットを耳にしたことがあると思います。
でも、ジャズって音楽ジャンルの中でも凄くに人気があるのに、みんな実はよくわかってないと言うのはあまり知られていないですよね。
そんなことないって? じゃあ、友達にジャズが好き?って聞いてみてください。
たぶん9割位の人は、好きだって言うと思います。だって、ジャズが好きじゃないなんて言うのは、カッコ悪い感じがしますからね。
で、その後にどのジャズシンガーが好きで、どのレコードが好きか聞いてみてください。
たぶん、何か言ってきたとしても、はっきりしない答えが帰ってくると思います。
まあ、私もそのうちの一人なんですけどね・・・。
ジャズをもっと知ろうということで、大通公園西2丁目にある札幌シティジャズフェスティバルの白いテントに長年のジャズファンのトモコと行ってきました。

札幌シティジャズの主催者は、毎年才能のある多くのアーティストを集めてくるので、誰を見ようか決めるのは結構大変です。
日本や海外のアーティストがたくさん出ていますが、私たちは、中国の女性グループ“Beijing”を見ることにしました。

彼女たちの音楽は、伝統的なジャズというよりはヴァネッサ・メイを始めとするようなクラシック音楽をもっと面白くしようという動きの中から生まれたみたいです。弦楽器を中心に構成されていたその5人組は(7人メンバーのうち2人が来ていなかった)、ハリウッドの名曲“My Favorite Things”から日本のポップソング、そしてヴィヴァルディまで色々なジャンルの曲に乗ってカッコ良く歩いたり、ポーズを取っていました。
その中に、2008年の北京オリンピックの応援歌として使われた”2008飛翔”と、明るい曲調の“Start”も含まれていました。

彼女たちのショーはとてもよく練られていて、耳も目も楽しませてくれました。
みんながファッション雑誌に載っているような美人なんです。
耳が肥えているトモコによれば、ひとつだけ残念だったのは、お粗末な選曲と力の入り過ぎた重奏で彼女たちの音楽性が失われてしまっていたことです。
個人的には、観客が聞きたいはずと思い込んでいる曲をやるより、もっと自分たちが得意な音楽に集中すれば良かったんじゃないかなと思いました。

その夜の一番のハイライトは彼女たちのオリジナルソングでした。正直言って、他の曲は少しがっかりという感じでした。
そうは言っても、その夜はとても楽しめましたよ。もし機会があれば、来年是非行ってみてください。
このイベントは全体的に非常によく作られています。
Kitaraのようなアコースティックホールは無いですが、ホワイトロックステージで蒸し暑い夜にジャンバラヤとチキンガンボーを食べ、
白ワインを飲むのも格別です。

主催者の皆さんは、札幌の人々にジャズを身近なものにしてくれたと思います。
来年も楽しみです!もしかしたら、Beijingを知り合いになれるかもしれません!

ギャリー

Welcome to the Wordwise Blog!!

OK, hello everyone and welcome to the opening of the Wordwise Blog.

You might be thinking that this is going to be just another boring language school blog with teachers and staff trying to sell their school and encourage you all to buy lessons.

Well, that’s not the case. This blog is actually for you!

The aim of Wordwise is to help the community to get along a little better in an increasingly multi-cultural community, and to that end we offer language lessons as well as translation and proof-reading services. But, enough about us.

What we want from you are your questions, ideas and comments about language learning, travel and general cultural experiences. Even if you have no plans to ever visit us here in the Ikeuchi Building, we encourage you to add your questions and we will do our best to provide answers: and if not us, maybe other language learners out there might have the answer you are seeking.

If you would like to have your say and blog something yourself to advertise an event or if you have something you’d like to share, just email us at [email protected] and we will see what we can do to help out.

So enough from me for today and I really look forward to hearing from you . . . so add your comments and questions and let us help you!!

Garry

みなさん、始まったばかりのWORDWISEのブログへようこそ。

もしかして、どうせどこかの語学学校の講師とかレッスンを押し売りしてくるスタッフが書いている
つまらないブログの1つなんだろ?って思ってます?

違うんですよ。このブログは、あなたのためのブログなんですから!

ワードワイズは、だんだんと色々な文化が混ざり合ってきているなかで、
皆さんが少しでもうまくやっていけるよう手助けをしたいと思って、外国語教室や校正・翻訳をやっています。
まあ、私たちの話はこれぐらいにしておきます。

皆さんに外国の勉強や旅行、文化的な体験などについての質問・アイディア等などを
コメントして欲しいと思っています。池内デパートの6階に来る予定がなくてもいいです。
どんどん質問してください。答えられるよう頑張ります。もし私たちが答えられなくても、
語学を勉強している誰かが答えてくれるかもしれませんよ。

WORDWISEのブログでコメントしたい、イベント等の告知をしたいなどがあれば、
[email protected]
までメールください。対応できることであれば、お手伝いさせていただきます。

今日はこれぐらいにしておきたいと思います。
みなさんからのコメントを楽しみにしていますので、コメントや質問をどんどんのせてください!

ギャリー

受講料10% OFFキャンペーン

2010.06.22 ニュース

対象期間中に固定コース※をご契約(新規・更新ともに)される場合の受講料が通常金額の10% OFFとなります!
この機会に是非受講をスタートしてください!

対象期間:7月1日(木)~9月11日(土)

※ 固定コースとは、受講時間と曜日が固定されているコースです。

続きを読む

エッセイコンテスト

2010.06.18 ニュース

WORDWISE外国語教室では、北海道とそこに住む人々が様々な形の「国際化」を通じて 発展・成長していくためのお手伝いをしたいと考えています。 そこで、皆様が「北海道」と「国際化」について日頃どのように考えているかを知るため、 エッセイコンテストを開催することとなりました。 あなたの自由な発想と英語力を活かし、英文エッセイを書いてみませんか?

2010年のテーマ

  1. Selling Hokkaido in a global market
  2. Value of language learning to the globalization of Hokkaido
  3. Potential for eco-tourism in Hokkaido

締 切: 2010年10月31日

賞 品優勝者20万円分ギフトカード
準優勝10万円分ギフトカード
3位5万円分ギフトカード

多数のご応募をお待ちしております。