Going to Paris? Don’t forget your meds!

If you’re planning to visit Paris for the first time this summer, you’re probably and quite understandably excited. After all, what’s more interesting than discovering a strange city and its culture? And Paris does have some of the most popular tourist attractions in the world, such as the Eiffel Tower and the Louvre Museum. You may already be picturing yourself sipping a cup of coffee at the café Les Deux Magots, a favorite hangout for Jean-Paul Sartre and his friends; or walking in the footsteps of film heroin Amélie, expecting to come across architectural wonders and exquisite fashion around every corner. Well, if that’s the case, take the word of an ex-local and get your head out of the clouds: it isn’t THAT glamorous.

Don’t get me wrong, I like Paris. I’m just saying this out of concern for your health. As a matter of fact, a kind of nervous breakdown, the “Paris syndrome”, forces a dozen tourists every year to seek psychiatric treatment and to be sent home. What do those tourists have in common? They all have too romantic a vision of the city and experience a shock when the city does not live up to their expectations or when they find out Parisians can be rude.

So, if you can’t afford to fly your shrink with you to Paris, make sure you take your antidepressants with you…or, at least, a good dose of realism.

  1. Here’s my personal recommendation for a stress-less sunny day in Paris:
  2. Start by a bit of grocery shopping at the outdoor market of the lively Mouffetard Street.
  3. Stop by Contrescarpe Square for a cup of coffee in the sun.
  4. From there, walk past the Pantheon down to the Luxembourg Gardens and find yourself a nice spot for your picnic.
  5. If you still have room for dessert, walk down the boulevard St Michel and around the Notre-Dame cathedral to St Louis Island. There, right on the corner, is the best ice cream maker of Paris, Berthillon.

I guarantee your eyes and taste buds won’t regret it!

Seba

夏休みにパリ旅行を計画しているなら、今から相当ワクワクしているでしょうね。知らなかった海外の文化を知るのは本当に面白いですしね。しかもパリには、エッフェル塔やルーブル美術館などの観光客に人気のスポットが山ほどあります。ドゥ マゴ(サルトルら有名人が友人とよく訪れていたというサンジェルマンにあるパリを代表するカフェ)でコーヒーを飲んだり、素晴らしい建築物やファッションに出くわさないかなと期待しながら、映画「アメリ」の主人公になりきって歩いたりする自分の姿を想像しているのではないでしょうか?それなら、昔パリに住んでいた人間として現実を教えてあげましょう。「パリはそこまで魅力的じゃありません!」

誤解しないでくださいね。僕はパリが好きです。ただ、皆さんの健康のために言っています。実際「パリシンドローム」という神経衰弱があって、毎年大勢の旅行者が心療治療を求めたり、家に送り返されたりしています。この旅行者達に共通していることは何でしょうか?それは、彼らがパリに対して、あまりにもロマンチックなイメージを持って美化し過ぎたことです。そのため、パリが期待したほどロマンチックではなかったり、パリジャン達が失礼極まりない態度であることに大変なショックを受けてしまうのです。

自分の心理カウンセラーをパリに同行させる余裕がないなら、精神安定剤を持っていてください。現実は違うんだと認識して。

  1. パリをストレスなく楽しめるお勧めコースをご紹介します。
  2. まずは、活気あるムフタール通りの屋外マーケットの食糧雑貨を買い込む。
  3. コントレスカルプ広場でコーヒーを飲んで休憩。
  4. そこからパンテノンを通って、ルクセンブルグ公園まで行ってピクニックをする 。
  5. デザートを食べられる余裕があれば、サン=ミッチェル通りをノートルダム寺院の方へ向って、サン=ルイ島まで行き、「ベルティヨン」でパリで一番のアイスクリームを食べる!

きっと目も舌も楽しめるでしょう!

セバ