Further vs. Farther

11.10.11 English Tips

These words are often misunderstood and misused by native English speakers.Both words are used to say “more far”, which of course is grammatically incorrect.The quick and easy tip is to use “farther” for physical distance and “further” for metaphorical, or figurative, distance. It’s easy to remember because “farther” has the word “far” in it, and “far” obviously relates to physical distance.

Here are two examples:
A)    An impatient child in the backseat of a car keeps asking her mother, “Mom, how much farther is it to the beach?” – She uses “farther” because she is talking about a physical distance.

B)    The same mother may become frustrated and reply, “If you complain any further, I’ll take you straight home.” – The mother uses further because she is talking about a figurative distance, the extent of the child’s complaining.

これらは英語を母国語とする人も、よく間違った使い方をすることがあります。両方共に「より遠くに」という意味ですが、(more far:もちろん文法的には間違っています。)簡単に使い方を説明すると、「farther」は物理的距離で「further」は比喩・比喩的な距離として「より遠い」という意味がある。

「farther」は、「far=遠くに」という言葉が入っているので明らかに物理的な距離のことを表しています。

2つの例をあげます。

車の後部座席に座っている、せっかちな子供が母親に聞き続けています。「お母さん、ビーチはどれくらい遠くにあるの?」

― ここでは「farther」を使っているので、明らかに物理的な距離のことを言っているのがわかりますね。

うんざりして母親は答えた。「これ以上文句を言ったら、まっすぐ家に連れていくわよ」

― 母親はここで「further」を使って、子供の文句の限度に対し、比喩的な距離を表しています。