What’s happening to English?

All languages change. The English of 500 hundred years ago is very hard for us to understand. Just ask any high school student who is being forced to struggle through the works of Shakespeare! I am certain that the same is true of Japanese. But, significant change can happen over a much smaller time-frame, perhaps only a few years. While this makes communication interesting, it can be a challenge for students (and teachers!).

So, why does language change? There are various reasons.
First, speaking is a mentally and physically complex task. Unsurprisingly, people try to make things simpler, so unnecessary sounds or words tend to disappear over time. If enough people become “lazy” like this the whole language may change. For example, in England, February is often pronounced ‘Febry’.

Second, the world changes. Google didn’t exist twenty years ago, then it was just be the name of an Internet search engine. Now, it’s a verb. “If you don’t know the answer, just google it.” And a smart phone is pretty smart for a teenager!

Third, the world is getting smaller, and other languages are having more influence. We see this often here in Japan with more and more borrowed words being used in the masu medeia. This can help Japanese learners of English because words like anime, manga, sushi, and ramen have become widespread in English.

Finally, some words and expressions get worn out and become ‘uncool’. Young people
who want to freshen things up and separate themselves from their boring, old parents often create new expressions or new ways of using old ones. Recently, a Wordwise teacher, Abby, visited her home in Australia. According to her, the type of speech had changed and now people were cutting off the ends of many of the words to make things shorter and faster. I thought it sounded “Tots ridic cray cray!”(totally ridiculously crazy!)

What does this mean for students? Don’t panic. While change is happening, your English ability will change, too. The most important thing is to be a flexible learner. In other words, to be open to new words and new ways of saying things and you’ll be able to keep up with the changes.

Adrian


どんな言葉も変化をするものです。500年前の英語を理解するのはとても難しいですよね。シェイクスピアの英語を勉強中の高校生に聞いてみれば分かると思います!日本語でも同様のことが言えると思います。大きな言葉の変化は2、3年のような短い期間で起こり得ることもあります。これは面白い言葉の歴史ですが、英語を学ぶ生徒たちにとっては、これは少しチャレンジングなことかもしれないですね(もちろん先生達にも!)。

どうして言語は変化するのか。沢山の理由があります。
はじめに、話すこととは精神的にも身体的にも複雑です。基本的に、人は物事を簡潔にしようとするので、不必要な音や単語は時を経て消されていくのです。人が皆“面倒くさがり”なら、言語全体が全く違うものになっていたかもしれないです。例えば、イギリスでは、”フェブラリー(2月)”を”フェブリー”と短くして発音します。

2つ目の理由は、世界は変化するからです。グーグルは20年前には存在しなく、ただのインターネット検索エンジンの名前にしか過ぎませんでした。それが今では動詞となり、「答えが分からないなら、ググってみなよ。」なんて言いますね。そしてスマートフォンにも同じことが言えます。

3つ目に、世界は狭くなってきていて、言語は影響を更に受けているからです。日本でこの光景は良く見られ、より沢山の言葉がマスメディアを通して使われているのが良く分かります。アニメ、マンガ、スシ、ラーメンのような単語は英語にもなりました。日本人にとっては、英単語の良い勉強になりそうです。

最後に、使われ過ぎた単語や表現は「かっこよくない」と淘汰されていきます。いつも最新な情報に敏感な若者は、新しい表現や、古いものを使って新しい表現を生み出します。最近はワードワイズ講師のアビーが、オーストラリアに帰国した際、話し方が少し変わってきていると感じたようです。言葉の語尾を切り落とし、短く、早くしてしまうのです。“Tots ridic cray cray!”と聞こえた言葉は、実際は”Totally ridiculously crazy!”と言っていたのです。

英語を学ぶ生徒にとっては、難しいと頭を抱えてしまうかもしれませんが、パニックにならなくても大丈夫です。変化が起こりながら、あなたの英語のスキルも変わっていきます。一番大事なことは、柔軟に適応出来ること。いつも新しい言葉や表現を受け入れる姿勢でいれば変化に付いていくことが出来ますよ。

エイドリアン