The squeaky wheel gets the grease

This proverb actually encourages people to complain. Basically, it suggests that you can get better service if you complain about something. If you wait patiently, no one's going to help you.

このことわざ(きしむ車輪は油を差される)は、不平は言うべきと勧めているのです。
注文を付けた方がより良いサービスを受けることができ、ただ辛抱強く待っているだけでは誰も助けてはくれないという意味があります。