The spring cleaning blues of a keeper

For almost as long as there have been chickens and eggs, there have been throwers and keepers. It’s what makes the world go ‘round. If you happily discard all the things you aren’t currently using every time spring cleaning comes around, you’re probably a thrower. If, on the other hand, spring cleaning turns into a walk down memory lane just from looking at the stub of an old movie ticket and you end up getting rid of next to nothing, a keeper you are.

I, for one, am definitely a keeper. And, take my word for it, it’s more a curse than a blessing. For one thing, the keepsakes I have gathered over the years end up taking up a lot of space. Besides, if on top of being a keeper, you’re as disorganized as I am, your place will soon be so crowded with boxes, piles of papers and various knick-knacks that you will be too embarrassed to have your friends over for dinner.

I have also been unlucky enough to always find myself living with a thrower, be it a relative or a roommate. Throwers can be quite heartless – that is, if you ask a keeper. Thus, I got my heart broken more than once when I discovered that my live-in thrower had overnight got rid of my most precious possessions. My mother “accidentally” throwing away my coin collection certainly takes the cake.

I wish I could change but so far all my attempts have failed. I wonder if it’s because the whole thing is genetically determined. The one thing I know for sure is that I’m not looking forward to the impending spring cleaning!

Seba

昔から鶏と卵がいるように、何でも捨てる人と物を取っておく人がいます。春の大掃除の時に普段使っていないものをためらいなく処分できるなら、あなたはおそらく捨てることができる人でしょう。その逆で、大掃除の度に、昔観た映画の半券を眺めて思い出大会になってしまい、結局何も捨てられないようであれば、あなたは後者ということでしょう。
※日本では年末に大掃除をするのが恒例ですが、欧米では大掃除と言えば春にするものです。

私は完全に物が捨てられないタイプの人間です。良いことよりは悪いことの方が多いでしょう。何年もかけて集めた細々とした物で、部屋が埋め尽くされてしまっています。その上、私のように整理整頓ができないならば、あなたの部屋も同じように沢山の箱や紙の山などで一杯になってしまい、友達を呼ぶにも恥ずかしい状態になってしまいます。

今まで一緒に暮らした家族やルームメイト達のほとんどが、物を捨てる人達でした。私からみれば、彼らはちょっと冷たいように思います。一緒に住んでいる人が私が大事にしていたものを捨ててしまって、悲しんだことは一度や二度ではありません。集めていたコインを母が捨ててしまったのは、その中でも最悪の出来事でした。

物を捨てられない自分を変えようとしても、そうそう変えられるものではありません。たぶん遺伝でそう決まっているんじゃないかと思います。 ただ一つ言えるのは、春の大掃除が憂鬱だということです!

セバ