Sapporo City Jazz: A night with “Beijing”!

Do you ever get tired of listening to Johann-Sebastian Bach and Metallica? I sometimes do. Luckily, every summer in the heart of Sapporo, we get the chance to experience a different flavor of music at the Sapporo City Jazz Festival.

I don’t think I need to tell anyone what jazz is. Everybody has heard at least once in their lives Louis Armstrong’s syncopations or Ella Fitzgerald’s scat improvisations. Yet a little known fact about jazz is that while it’s probably the most popular of music genres, it’s also the least well understood. You don’t believe me? Try asking your friends: “Do you like jazz?” I’m sure 90% of them will tell you they do – just because it’s uncool not to. Then try asking them what artists they like and what their favorite recordings are and you’ll get a very evasive answer, if any at all. By the way, I’m one of those guys.

To help me remedy this, I took my very good friend Tomoko, a long-time jazz enthusiast, to the Sapporo City Jazz Festival under the white marquee  in Odori Park (West 2).

The Sapporo City Jazz organizers put together a wonderful array of talent each year, and it was difficult to choose who to see. A number of Japanese and foreign artists appealed, but we finally hit upon the Chinese all-female group, “Beijing”: the girls don’t offer a traditional jazz sound, rather they are part of the movement to “sex up” classical music that started with Vanessa Mae and which has spawned a string of girl groups across the globe.

The string-based quintet (they seem to have left 2 of their 7 members behind) strutted and posed their way through selections from a range of genres; the Hollywood standard “My Favorite Things” to Carol King to Japanese pop tunes to Vivaldi. Interspersed with these were a selection of original pieces that included the soaring anthem (used as the campaign theme song for the 2008 Beijing Olympics) “2008飛翔” and the delightful “Start”.

Fashionable and hi-tech, the girls presented a slick, well-produced show that pleased both the ear and the eye, and none of the girls would seem out of place on the cover of a fashion magazine. The one fault, according to Tomoko’s practiced ear, was that the nuance of their music was sometimes lost behind poor song choices and the over-powering synthesized accompaniment. Personally, I think the group could stick to what they do best a little more, and not play quite so much to pre-conceived audience tastes. It was their original work that was the highlight of the evening for me and, truth be told, I found some of the other material a touch disappointing.  Nevertheless, it was a great evening and if you have the chance next year, you should definitely give it a try!

Let me also take a moment to praise the event in general. The White Rock Stage was excellent, and though it doesn’t have the acoustics of a concert hall like Kitara, on a hot sultry evening it was cool and pleasant to feed on Jambalaya and Chicken Gumbo, and wash it down with a glass of white wine.

The organizers should be applauded for making Jazz, in its many styles, accessible to the people of Sapporo and I look forward to the 2011 version of the festival, where maybe I can re-acquaint myself with the girls from “Beijing”. Hope to see you there!

Garry

バッハやメタリカを聴くのも飽きたな思うことありませんか?私は時々飽きます。
でも、札幌の中心部では “札幌シティジャズ フェスティバル”というのが毎年夏に開催されていて、そこで色々な種類の音楽を楽しめるんです。

今さらジャズが何か説明する必要はないですよね?
皆さんも一度くらいは、ルイ・アームストロングのシンコペーションやエラ・フィッツジェラルドのスキャットを耳にしたことがあると思います。
でも、ジャズって音楽ジャンルの中でも凄くに人気があるのに、みんな実はよくわかってないと言うのはあまり知られていないですよね。
そんなことないって? じゃあ、友達にジャズが好き?って聞いてみてください。
たぶん9割位の人は、好きだって言うと思います。だって、ジャズが好きじゃないなんて言うのは、カッコ悪い感じがしますからね。
で、その後にどのジャズシンガーが好きで、どのレコードが好きか聞いてみてください。
たぶん、何か言ってきたとしても、はっきりしない答えが帰ってくると思います。
まあ、私もそのうちの一人なんですけどね・・・。
ジャズをもっと知ろうということで、大通公園西2丁目にある札幌シティジャズフェスティバルの白いテントに長年のジャズファンのトモコと行ってきました。

札幌シティジャズの主催者は、毎年才能のある多くのアーティストを集めてくるので、誰を見ようか決めるのは結構大変です。
日本や海外のアーティストがたくさん出ていますが、私たちは、中国の女性グループ“Beijing”を見ることにしました。

彼女たちの音楽は、伝統的なジャズというよりはヴァネッサ・メイを始めとするようなクラシック音楽をもっと面白くしようという動きの中から生まれたみたいです。弦楽器を中心に構成されていたその5人組は(7人メンバーのうち2人が来ていなかった)、ハリウッドの名曲“My Favorite Things”から日本のポップソング、そしてヴィヴァルディまで色々なジャンルの曲に乗ってカッコ良く歩いたり、ポーズを取っていました。
その中に、2008年の北京オリンピックの応援歌として使われた”2008飛翔”と、明るい曲調の“Start”も含まれていました。

彼女たちのショーはとてもよく練られていて、耳も目も楽しませてくれました。
みんながファッション雑誌に載っているような美人なんです。
耳が肥えているトモコによれば、ひとつだけ残念だったのは、お粗末な選曲と力の入り過ぎた重奏で彼女たちの音楽性が失われてしまっていたことです。
個人的には、観客が聞きたいはずと思い込んでいる曲をやるより、もっと自分たちが得意な音楽に集中すれば良かったんじゃないかなと思いました。

その夜の一番のハイライトは彼女たちのオリジナルソングでした。正直言って、他の曲は少しがっかりという感じでした。
そうは言っても、その夜はとても楽しめましたよ。もし機会があれば、来年是非行ってみてください。
このイベントは全体的に非常によく作られています。
Kitaraのようなアコースティックホールは無いですが、ホワイトロックステージで蒸し暑い夜にジャンバラヤとチキンガンボーを食べ、
白ワインを飲むのも格別です。

主催者の皆さんは、札幌の人々にジャズを身近なものにしてくれたと思います。
来年も楽しみです!もしかしたら、Beijingを知り合いになれるかもしれません!

ギャリー