Feel blue


In English we often use colors in creative ways to describe how we feel. Here is an interesting example.
"Feel blue"
This is a common idiom used to describe a person who is feeling sad or depressed. This connection between blue and sadness is also where the music style “the blues” gets its name.
“I was feeling really blue after my friend moved away.”

英語では、色を使って感情を示す表現がよく使われます。そこで面白い表現を紹介します。
「Feel blue」
これは悲しんだり落ち込んでいる気持を表す時に、よく使われる慣用句です。「青」と「悲しみ」のこの繋がりは、音楽のジャンル「ブルース」の名前の由来でもあります。
例)友達が引っ越していった後、とても悲しかった。