a different kettle of fish

これは、先日、Garryが使っていたイディオムです。
辞書で引くと“別問題”と出てきますが、“全く違う”や“正反対の人や事柄”として使えます!

「Japanese and English are a different kettle of fish.」
日本語と英語は全く違う。

「She wasn’t good at snowboarding but now she is a different kettle of fish.」
彼女はスノーボードが上手くなかったが、今は別人のようだ。

ちなみに、“another kettle of fish”でも同じ意味で使えるそうですよ!