2011 in review

Well, 2011 is drawing to close and thus ends a very forgettable year for all living in Japan: with the tsunami disaster and aftermath, radiation scares and power shortages it has been tough for all. From a global point of view, we can add to this the European Financial Crisis, trouble in the Middle-east, ongoing war in Afghanistan and the likelihood of more problems in North Korea with the death of Kim Jong-Il.

To lift the somber mood a little, let’s have a look at some of the happier moments from 2011:

1. One of the most feel-good stories from 2011 was the royal marriage of Prince William and Kate Middleton in April. For a Britain in which the royal family is becoming increasingly seen as irrelevant, the marriage brought back memories of Princess Diana’s marriage to Prince Charles 30 years ago.

2. Here in Japan, there was little to beat the Soccer World Cup win by the women’s team. Who could forget the excitement of the final against the US that went first into extra-time and then to a penalty goal shootout? Now if only the men’s team could have only performed a little better at the Rugby World Cup later in the year . . .

3. Perhaps the weirdest fad of 2011 was planking. Planking is having your photo taken while laying prostrate on any object that happens to be at hand; the stranger, the better. Social media, such as facebook, really helped this fad spread: although it didn’t seem to catch on here in Japan.
Check it out here:  http://youtu.be/pPH6pleCKj0     The best 60 planks

4. Last of all, the “kiss”! During a violent street riot in Vancouver after the local team was beaten in the final of Ice Hockey’s Stanley Cup, a young Australian man comforted his distressed girlfriend with a kiss . . . and became a media celebrity in the process. Was it a real kiss or just a media set up . . . I’ll let you decide.

Garry

Royal Kiss!

2011年が幕を閉じようとしていますが、今年は日本に住んでいる人にとっては、忘れることができない年となりました。津波、放射能による被害、電力不足など困難な出来事がたくさん起こりました。また、世界を見渡してみると、ヨーロッパの経済危機、中東の問題、アフガニスタンでの戦争といった問題が起こりました。さらに北朝鮮の金正日が亡くなったことも、これからなんらかの問題につながっていくでしょう。

この暗いムードを打破するために、2011年に起こった楽しい出来事を思い返してみましょう!

1. 2011年にもっとも心温まった話といえば、4月に執り行われたウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんのロイヤルウェディングでしょう。王室の意義が薄れつつあるイギリスで、30年前のダイアナ姫とチャールズ皇太子の結婚式を思い出させてくれました。

2. 日本では、女子サッカーチームがワールドカップで優勝を果たしました。アメリカとの決勝戦では、延長戦で先行したアメリカチームに対して、ペナルティーゴールを決めて、私たちを興奮させてくれました。 これで、もし男子ラグビーチームがラグビーのワールドカップで、もう少しでも活躍してくれていたらもっと良かったのですが。。

3. おそらく2011年で流行った一番奇妙なことは、“プランキング”でしょう。プランキングとは、身近にあるものの上で棒のように真っ直ぐになった状態を写真に撮る、というものです。それがヘンテコな写真であればあるほど、良いプランキングということになります。FacebookのようなSNSのおかげで、このブームは世界中に広がりました。でも日本では、そんなに流行っていないみたいですね。
Check it out here:  http://youtu.be/pPH6pleCKj0     The best 60 planks

4. 暴動の最中のキス!アイスホッケーのスタンレーリーグの決勝戦に地元のチーム負けた後、バンクーバーでは市民による暴動が発生しました。家に帰る途中にこの暴動に巻き込まれ、そうとは知らない警官に盾で小突き回されて道に倒れた彼女を彼がキスで落ち着かせているシーンとのこと・・・ これで二人は時の人となりました。
本当なのか、メディアのでっち上げかは、皆さんの判断にお任せいたします。

ギャリー