Thingymajig!

Everyone has times when they can’t remember the name of something (or someone). In this situation, speakers usually replace the forgotten word with ”thingymajig” or "thingy” for short. The speaker often adds some pointing and gesturing to help the listener guess the meaning.
Example:
A: I need that…thingymajig…Could you pass it to me?
B: What? This notebook?
A: Yeah. That’s it. Thanks.

誰でも人や物の名前を思い出せないときがあります。こんな状況の場合忘れた単語のことをさしてThingymajigと言ったり、省略したかたちのThingy を使って言い変えます。大抵、指をさしたりジェスチャーをつけて、相手に何を示しているのかを伝えようとします。
例)
A:それほしいんだけどな…それ…それ取ってくれない?
B:え?このノートのこと?
A:そう、それそれ。ありがとう。