That’s it!

アメリカ滞在中、まず良く耳にしたのが、会話の途中に多く使われる“...,you know,...”でした。一番最初にこれを聞いたときは「私知らないけど...。」と思ってしまったのを覚えています。そして次ぐ2番目はこの“That’s it!”でした。活発に繰り広げられる英会話の中で、自分が言うより先に相手やグループの中の一人が「○○だよね!」とか「○○のこと?」とどんどんコメントがくるので「そう!それ!」と答える場面が多くなるのでしょうね。そしてお店で何かを注文したり、買ったりする時には「それで全部です。(他には注文はありません)」という意味で使います。