Social Networking: It’s for everyone

I am afraid that I have become addicted to Facebook… and it appears that I am not the only one! Say what you will about the new “Timeline” view, it is still fun to hear what friends have been doing and see photos of family events taking place in different countries. I also enjoy telling others about the interesting things (at least, they’re interesting to me) that I am up to. I’m continually amazed by modern technology and how close social networking services can bring people.

In addition, I have found Facebook a useful, yet underutilized, tool for crossing the language barrier that can exist between people. My bilingual friends often post in two languages (Japanese and English), which gives less-fluent individuals like me chances to practice a second language in real, everyday communication. In cases where my friends post in Japanese only, my inability to read kanji can be overcome, to a certain degree, by using translation websites. True, the translations themselves can appear almost as mysterious as the original kanji, but with a little knowledge of Japanese grammar and some puzzle-solving skills, I am usually able to get the gist. I am certain that same is true for Japanese students of English.

Generally, I am encouraged to see that my Japanese friends are discussing many of the same topics as my English-speaking friends - effectively highlighting the similarities that exist between languages and cultures. Of course, on the other hand, the way people use these networks can also point out some interesting cultural differences. I’m still not sure why all my Japanese friends upload pictures of their lunch (but that’s a question for another day.)

In short, I’d like to encourage all learners of English to get online and use social media. It’s a chance for you to widen your view of the world and perhaps become inspired to travel or take up new interests. At the very least, it will likely motivate you to communicate with others, and hopefully, you’ll have the confidence to try communicating in English. Remember not to worry too much about small errors in grammar or spelling - native speakers don’t!

Some tips for using English on social networks:
・ Take a little time to organize your thoughts. Grammar is not everything, but a little structure (S+V~) will help others understand you better.
・ Focus on the message. A little structure is good but don’t worry too much about small grammar points or spelling. We all make mistakes.
・ Use other tools to give you confidence before you post (E.g. check vocabulary in a Japanese-English dictionary or use a translation website), but remember these are not always correct. Trust your own knowledge, too.
・ Feel free to use a mixture of languages. 1 or 2 words in katakana, for example, may be understood. Many of the people who will read your posts will be able to understand what you mean.

Adrian

Facebookにすっかり夢中になっています・・・。 でも、それは私だけではないようです!
新しい “タイムライン”(Facebookの最近導入された表示方法)については色々と議論はあるようですが、それでも友達や別の国で暮らしている家族の様子を見ることができるのは、とても楽しいものです。それに、みんなに自分が面白いと思ったことを知らせることも楽しいですよね。こういった現代のテクノロジーには、いつも驚かされます。SNSはいったいどこまで私たちを近づけてくれるのでしょうか?

Facebookはとても便利ですが、私たちの間にある言葉の壁を越えることができるツールとしては、その機能はまだまだ十分に活用されていないと思います。バイリンガルの友達は2つの言語(日本語と英語)で情報を書き込んでいます。日本語がまだ得意ではない自分のような人間にとっては、普通に話されている日本語に触れることができる良いチャンスです。友達が日本語だけで書き込みをした時は、翻訳サイトを使うなどして、苦手な漢字をある程度克服できるかもしれません。 翻訳サイトの翻訳は、漢字の由来となった記号くらい、不思議に見えますが、日本語文法の知識とパズルを解くようなスキルがあれば、だいたい要点は掴めます。これは英語を学ぶ多くの日本人の方にとっても同じことだと思います。

日本人の友達が、英語を話す私の友達と同じ話題で盛り上がっているのを見ると、言葉と文化を越えた類似性がはっきりとわかるので励まされます。逆に、こういったSNSの使い方は興味深い文化の違いも教えてくれます。 なぜ日本人の友人たちは、頻繁にお昼ごはんの写真をアップロードするのでしょうか・・?(この疑問はまた別の日にします。)

つまり私が言いたいのは、英語を学ぶ人は是非こういったソーシャルメディアをどんどん活用してください!ということです。 広い世界に目を向けるいいチャンスです。もしかしたら、旅行や何か面白いことがひらめくかもしれません。なにはともあれ、ソーシャルメディアは色々な人と交流するきっかけを与えてくれます。英語でコミュニケーションをしてみようという勇気が湧くといいですね。

ソーシャルネットワークでの英語の使い方のヒントをいくつか・・・

・まず、自分の考えをまとめてみてください。文法が全てではありませんが、(主語+動詞~)の基本構造がしっかりしていれば、他の人達は分かりやすいでしょう。
・何を言いたいのかに集中してください。簡単な文で大丈夫です。細かい文法やスペルは心配し過ぎないでください。みんな間違えます。
・アップロードする前に、日英辞書や翻訳サイトを使ってチェックしてみてください。でも、これらのツールはいつも正しいとは限りませんのでご注意を。自分の知識も信用してください。
・1つや2つカタカナを混ぜてもOKです。読む人はあなたが何を言いたいのか分かってくれます。

エイドリアン