paracetamol

オーストラリア人の義理の母が来日しているのですが、あちらは夏、こちらは冬で気温差が激しすぎるためか、鼻風邪をひいてしまいました。そこで、母から”Could you get me some lozenges and paracetamol?”と頼まれたのですが、paracetamolは初耳で、辞書で調べてみるとそのままパラセタモールとあったので、薬局で聞いてみましたが、ありません、と言われてしまいました…。そんなわけはないともう少し調べると、日本ではアセトアミノフェンのことで、para-acetylaminophenol=アセトアミノフェンそしてpara-acetylaminophenol =パラセタモール、ちなみにタイレノールもpara-acetylaminophenolで同じ成分!だそうでびっくりしました。ただ一日に服用してもいい量が国によって違うらしく、日本は少ないので、2日目にして“この薬、効かない…”と訴える母に、主人は“ああ、自分は一回(本来3錠のところ)4錠飲むよ。”と言っていました…。主人は毎日、頭痛だ、腰痛だ、といい、すぐに薬を服用します。義理の母も同じなので、私の中ではオーストラリア人はすぐに薬をのむんだと思っているのですが、どうなのでしょうか…。