my treat

ハロウィーンも終わり、“Trick or treat!(お菓子くれないといたずらしちゃうぞ!)”を聞くこともあと1年後になりますが、ここで使われているtreatはたくさんの意味を持っていることをご存知ですか?「ごちそう」や「特別な楽しみ」など名詞で使ったり、「治療する」「扱う」「おごる」など動詞で使うこともできます。 名詞で「おごり」という意味にも使えるので、今度お友達とお出かけの際、“It’s my treat!”「今回は僕の(私の)おごり!」または“Your treat?”「おごってもらっていいの?」と使ってみてくださいね!