Get rid of the clutter

“A man’s home is his castle”. This common saying expresses the idea that no matter what troubles a person may face during the day they can always find refuge within their own home. But what happens when your sanctuary becomes overrun with clutter?

According to experts, this lack of free space can cause you to feel tired and depressed, make it difficult for you to relax, and perhaps surprisingly waste money.

So, when my wife suggested, yet again, that we reorganize our apartment, I looked on it as an opportunity to get rid of a lot of clutter. To begin, I sought some simple advice on how best to achieve an uncluttered existence. There is a lot of information on the subject out there, but most experts seem to agree on 3 main ground rules:

1. Everything you own should have value, either because it's functional or beautiful or you just love it. To determine if something is truly valuable, ask yourself this question: if your house were on fire and all your family and pets were already out of harm’s way, what else would you grab? It is unlikely that you’d rush back into the house to save your blender, for example. Considering this scenario will help you determine the true value of an item.

Every item needs a place to "live". Simply dropping things on the coffee table or kitchen counter creates piles of clutter and confusion. Experts suggest we ask ourselves questions such as, "Where do my keys live?” If we can provide a clear answer (“They live in a bowl next to the front door"), then we are doing things correctly. If we can’t, we need to become more organized.

2. Focus on one thing at a time. Trying to clear out an entire apartment at once is a daunting task. You are likely to give up halfway through and leave things incomplete and more confused than when you started. Focusing on one room at a time is a much more effective technique.

So far, I have been able to discard a lot of unwanted junk and make my apartment more relaxing – though it is still a work in progress. If you are looking to simplify your life and make your home more relaxing, I recommend you follow these guidelines, too.

Adrian

“A man’s home is his castle”(人の家は城塞である。)この良く使われる諺は、どんな困ったことがあったとしても、避難場所はいつも自分の家の中にあるという意味です。ですが、その「避難場所」が不必要な物で散らかって戻れなくなってしまった時、あなたはどうしますか?

専門家によれば、自由に出来る空間が足りないことで疲労感や倦怠感を感じたり、リラックスができなかったり、また驚くほどの出費にも繋がりかねないと言います。

ある日、妻が家の中を整理しようと提案してきたことがあり、要らないものを捨てるいい機会だと私は思いました。先ず始めに何が本当に必要なのかを判断するための簡単な方法をいくつか探してみました。様々な意見がありますが、この3つの基本項目にはどの専門家も同意しているようでした。

1:便利、きれい、これだけは譲れない。そう思う全ての物には価値があるべき。
その物が本当に価値のある物かどうか判断するには、まず自分にこう問いかけてみてください。もし自分の家が火事に遭い、家族やペットは既に安全な場所へ避難できたとして、あなたがその他に家から救出する物は?例えば、燃え盛る家に走り戻ってミキサーを取ってくるなんてことはまずないですよね?こういった場面を思い浮かべて考えてみると本当に価値のある物を見極め易くなると思います。

2:全ての物には住む場所がある。
単にサイドテーブルやキッチンカウンターにどんどん物を置いていけば散らかる原因になります。まず自分に「この鍵はどこに住んでいるの?」というように問いかけていくことが大事だと専門家は言います。きちんとこれに答えられたのなら(例えば:入口横のボウルに住んでいる等)、しっかり整理が出来ているということなのです。

3:一つのことに一つずつ集中する。
家中を一気にきれいにしようとするのは少し無理がありますよね。途中で諦めてしまって、始めた時よりも更に散らってしまうのが目に見えます。ですので、一部屋ずつ手をつけていく方がより効果的な方法と言えます。

私の家は今のところ、要らない物を片付け徐々にリラックスできる家になってきています。とはいっても、まだまだやらなきゃいけない整理は沢山あります。もっとシンプルに、家をもっと安らぎの空間にできるよう、この3つを行ってみてはいかかでしょうか。

エイドリアン